読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳩ブログ

40代のサラリーマンが綴るブログ

Galaxy S6 SC-05Gで頑張っている

f:id:hato36:20160228122321j:plain

会社のiPhone 6Sと私物のAndroid Galaxy S6の両方を持ち歩いているが、iPhoneとGalaxy S6とではバッテリーの持ちが全く違う。

Galaxyは見ている間にバッテリーが減っていくのに対して、iPhoneはほとんど減らない。もちろん同じアプリがインストールされているわけではないが、それでも比較にならないほどGalaxyのバッテリーが減ってしまう。

とは言え、購入してからまだ一年も経過していない状態で騎手変更することはさすがにやりすぎと感じるので、なんとか我慢している。

バッテリーが減る理由の一つはイングレス...と思っていたのだが、実際にイングレスをプレイしてバッテリーの使用状況を確認したところ、イングレスが悪さをしているわけではなさそうです。(現在はA16という最高レベルになったのでほとんどプレイしていない)

むしろ仕事の検証用(Office 365)にインストールしたOutlookなどの方がバッテリーを消費している。しかし、これまでならば電源のあるところでは常に充電していて気がつかなかったのですが、50%を切ってからの粘りはなかなか。

元々、バッテリーは使い切ってから充電することが良いと言われていたのに、少しでも減ったらすぐに充電していたのが悪かったのではないかと思われる。

実際、有給をとって千葉に行っていた時は朝から夜まで一度も充電せずともバッテリーがギリギリ持っていた。
iPhoneは全然余裕でAndroidの比ではなかったわけだが、それでも1日持ったのは十分な結果であった。(ちなみにiPhoneはWebでの検索などそこそこ使っていたのにもかかわらずなのでかなり優秀な結果であり、Galaxy S6はGPSを積極的にOFFにしてバッテリーの維持に努めている)

ということで、もう少し諦めずに頑張って使ってみようと思う。

ちなみにホーム画面はMicrosoftのArrowランチャーからGoogle Nowに変更している。Nowのニュースは見る楽しみがあり、意外と気に入っている。さらに、バッテリーの消費要因の上位にATOKがあったので、ATOKからGoogle日本語入力に変更している。

Google Nowは先に書いた通り気に入っているし、Google日本語入力ATOKに負けずかなり優秀でこちらも気に入っている。
そういったことを踏まえると、Androidにはまだまだ期待したい。

あ、そうそうGalaxy S6はMarshmallow(Android 6.0)のアップデート対象なので、OSのアップデートを機にバッテリーの持ちが改善することに期待したいところです。