鳩ブログ

40代のサラリーマンが綴るブログ

ルノートゥインゴが日本導入を決定、可愛らしいデザインだが男心をくすぐる面白いクルマ

f:id:hato36:20160724095923p:plain

ルノートゥインゴが日本導入を決めました。
ぱっと見は可愛いコンパクトカーですが、作りについて調べてみると男心をくすぐる面白い車です。

 このトゥインゴは、RRレイアウトと言って、リアにエンジンを搭載し、リア駆動するという車です。一般的な国産車はFFレイアウトと言って、フロントにエンジンを搭載し、フロントタイヤを駆動させるという仕組みになっていますので、それとは全く逆の発想になっているというわけです。

www.renault.jp

なぜ男心をくすぐるのか?

単純で、いわゆるスポーツカーと呼ばれるもののほとんどはリア駆動になっています。
輸入車でもBMWメルセデスフェラーリなどの大抵のモデルはリア駆動です。走りにおいてはフロント駆動よりもリア駆動の方が効率が良くハンドリングが良いということです。海外モデルはリア駆動で、国産モデルはフロント駆動が多いのは、単純にコストが安いからなのです。

さらに、リアにエンジンを搭載するというのも面白いです。
BMWメルセデスフェラーリなどはフロントにエンジンを搭載してリアを駆動させるという方式を採用していますが、この構造になるとフロントのエンジンから駆動させるリアに動力を伝えるためのシャフトと呼ばれる棒で繋ぐことになりますが、前から後ろに棒を通すために、室内が狭くなります。そこで一般的に室内が広くとれるフロントエンジンでフロント駆動を採用しているのです。

でも、ちょっと待ってください。レースで走るような車ならエンジンの搭載位置や駆動方式にもこだわる必要がありますが、この車はそういう車ではありません。
トゥインゴは90ps 13.8kgというスペックですが、馬力だけであれば1.3Lのフィットよりも低いです。トルクはフィットよりも1kg程度上なので走り出しはきっと快適でしょう。その程度の車でスピードを出して走り回るということはおそらくないと思います。

ですので、むしろ「ポルシェ911と同じリアエンジン・リア駆動!」とマニアックな車なんだよいう程度と考え、メカニカル的には結構こだわっているという車好きを主張できる面白い車なのです。

力(馬力)だけが車の楽しさではない

私は以前インプレッサ WRXに乗っていました。ワゴンだったので馬力は250psでしたが、残念なことにそれまでは車で捕まったことがなかったのに2度ほど捕まりました。
そうなんです。日本の道路に250psは必要なかったんです。もちろんスピードを出さなければいいのですが、出ちゃうんですw(この時初めてレーダーも買いました)
さらに言うとボディーカラーが目立つ「青」だったこともあって、たとえゆっくり走っていたとしても周囲の車が煽ってくるのですね。それまで何度も買おうと思ってはやめて、ようやく購入したインプレッサだったのに4年で手放してしまいました。

その後初めて輸入車を購入しました。170ps 24.5kgというスペックのVW GOLFで、彼此9年ほど乗っています。
馬力はもう少し少なくてもトルクさえあればいいと思っていますが、「ちょうどいい」のです。例えば国産コンパクトカーの100ps 12kgぐらいのスペックでも問題はないと思っていますが、以前Fitに乗った時にCVTの癖であるアクセルを踏んでも車がすぐに前に進まないということがストレスでありトラウマ(ぶつかりそうで怖かった)だったのです。

その点このルノートゥインゴは、輸入車には多いEDC(ルノーではエフィシエント デュアル クラッチ)を搭載しています。これは私のゴルフもそうなのですがATやCVTとは違って、マニュアル車をまるでゲームのようにギアを変えて走ることができる仕組みなのです。
マニュアル車=ギアに合わせて力が出る」と思ってもらえれば良いと思います。CVTのように馬力があっても前に車が進まないなんてことがないので安心ですし、何よりマニュアルモードに変更することで、クラッチを踏まない変速を楽しむことができるのです。(クラッチは自動なのでペダルすらありません)
私は特にAT車のキックダウンが嫌いなので、基本的に常時マニュアルモードで運転していますが、MT車のように左足が疲れることもなく車を運転する楽しさを味わえるので次に購入する車もATやCVTではなくデュアルクラッチの車を選択したいと思っています。

女性にも好まれる内外装で奥様に喜ばれる価格

f:id:hato36:20160724095952p:plain

f:id:hato36:20160724100019p:plain

見た目はちょっとずんぐりむっくりですが、スポーツカーではないので可愛らしいです。「売れているフィアット500は見飽きた」「miniは大きくなりすぎた」「ドアはやっぱり4枚欲しい」なんて方には最適です。
そして、この車の魅力の一つは価格です。ハードトップで189万円でキャンバストップでも199万円です。かわいい見た目に合わせてキャンバストップを選ぶのが良いですね。ただ、屋外駐車場の方で長く乗る事を考えるのであればハードトップを選択するのが妥当です。やはりキャンバストップはへたりますので。

ライフスタイルに車を合わせるのではなく、車にライフスタイルを合わせる

アウトドア好きな方がワンボックスやSUVを選ぶのは当然といえば当然です。
しかし、アウトドアが好きであっても毎日行くわけではないと思いますし、アウトドア利用以外の方がむしろ多いのではないかと思います。

そうであれば、キャンプ道具を極力少なくして少ない道具でキャンプを楽しむという発想に変えてみるというのも面白いと思います。
山登りであれば、60Lのザックで登るのではなく、30Lまで荷物を少なく(不便にするのではなく、必要なものは全て持つのが基本です)して登るウルトラライトなんていう登山の仕方があるように、車もウルトラライトなんだけれど、大型車となんら変わらない楽しみが出来るようにすればいいのです。もちろんちょっと不便なところはあるかもしれませんが、逆に燃費がよかったり日常の使い勝手が上がったりというメリットも十分享受できると思います。

私が次に狙う車

私のVW GOLFはすでに9年を過ぎており、11年目の車検は通さずに買い替えようと昨年あたりは考えていました。しかしながら、愛着が沸きすぎたので11年目も車検を通そうと考えています。しかしながら、納車時に取り付けてもらったカーナビが非常に古いためカーナビを変えたいと考えています。カーナビも安くなったとはいえ2DINタイプにしてスッキリ使おうと思うとそこそこの金額になることが予想され非常に迷っています。

しかし、次はGOLFよりもコンパクトな車でより燃費の良い車にしたいと考えており、そうなると普通に考えると同じVWならばPOLOになるわけですが、POLOだとブルーGTかGTIぐらいがコンパクトながら高級感もあり、さらにスポーティーにも走れるので良いかなと思っていますが、CROSS POLOなんかも3ナンバーではありますが、5ナンバーのボディーにオーバーフェンダーがついただけなので大きすぎず良いかなと思っています。

crosspolo.jp

polobluegt.jp


同じPOLOでもBluemotionと呼ばれる1Lエンジンを搭載した面白い車もあります。
これはこれでスピードは出さない!(出せない)という縛りはあるもののボディー剛性は国産よりは高く1Lをうまく使いこなして運転するという楽しさがあると思います。

また、同じエンジンを積んだAUDIならばA1のスポーツバック(4ドア)あたりが良いかなと思っています。

www.audi.co.jp

 

POLO GTIは、コンパクトカーにしては高い馬力ではありますが、それ以外は比較的そこそこの馬力で皆DSG(ルノーのエフィシエント デュアル クラッチ に対して、VWではダイレクト シフト ギアボックスと呼びます)搭載なので、運転は楽しめると思います。唯一VW POLOに搭載されるDSGは燃費を考慮して全て7速なんですよね。無駄にシフトアップが多すぎてマニュアルモードで本当に楽しめるのか?という疑問だけは引っかかっていますので、購入するとなったらディーラーにお願いして2時間ぐらいは運転をさせてもらおうかと考えています。

 

★【NOREV B】(1/43)[517413]ルノー トゥインゴ 14 ブルー

★【NOREV B】(1/43)[517413]ルノー トゥインゴ 14 ブルー