読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳩ブログ

40代のサラリーマンが綴るブログ

電子書籍のススメ

f:id:hato36:20160806191311j:plain

私は通勤時間が長いため、読書をする機会が多いです。
最近でこそ、産経新聞の電子版やdマガジンなどでお安く情報収集ができるようになりましたが、それ以前は度々書店に足を運び、小説はもちろんですが、雑誌やビジネス書などをたくさん買っては読んでいました。

 そして、部屋に書籍がいっぱいになるとBookoffに売りに行くというサイクルでした。

売りに行くのはGWや夏休み、そしてお正月休みなどで時間のあるときにまとめてという感じです。普段Bookoffに行く事はあまりないので、正直それはそれで楽しかったのですが、手間であることは間違いないですし、売りに行くまでの書籍類は部屋の中でもかなりの場所を取っているので、正直読み終わった本は少々邪魔でした。

 

月日は流れて紙から電子へ

スマホが一般化し、画面の解像度も高くなり、さらにサービスが充実してきたこともあり、2年ぐらい前から紙から電子書籍にシフトしました。
理由は上記のこと以外に、自宅の最寄駅の本屋がなくなったこと...
実はこの理由が一番大きいです。
大型の書店に行きまとめ買いするのも悪くないですし、それは今でもやっているのですけれどね。
Amazonで書籍を買えば別に書店がなくても良いという考えもありますが、欲しいと思った時にバラバラ購入していると、梱包とかも無駄で環境に良くないですし、何より一旦ゴミが出るのが嫌というのもあり、一気に電子書籍にシフトしました。

 

お気に入りの電子書籍アプリ

私は、カメラなどでわかるとおり、SONYが好きです。
今のスマホはGalaxy S6ではありますが、その前はXperia Z1fでしたし、ここでは紹介していない液晶テレビやHDDレコーダーなどは全てSONYで統一しております。
そんな私はやっぱり...SONY Readerです。

ソニーの電子書籍 Reader™

Kindle電子書籍リーダー:人気小説や無料漫画、雑誌も多数

Kindle電子書籍リーダー:人気小説や無料漫画、雑誌も多数
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted with アプリーチ
  1. SONY Readerで本を探す

  2. 欲しい本が無ければKindle

  3. さらに無ければ書店へ

あんまり無駄に電子書籍アプリをインストールしたくないということもあって、基本的には SONY Reader→Kindle→実際の書店 という流れにしています。

 

 

もう一つ忘れてはいけない日経ストア

やはりビジネスマンには必須の日経BP
日経でしか扱っていないビジネス書などがかつてあり何冊か購入しています。
それもあり基本的にスマホを機種変しても必ずインストールしています。
日経の少しお堅い書籍が含まれていたりするので、調べ物とか新しいことにチャレンジするときなどにここのラインナップもチェックしています。

インストールしておいて損はないアプリですし、少し仕事に対して意識を高めたいなんて思うときは、この日経ストアを覗いて仕事にマッチした書籍を探してみると良いです。

 

日経ストア
日経ストア
開発元:NIKKEI INC.
無料
posted with アプリーチ