読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳩ブログ

40代のサラリーマンが綴るブログ

TANITA 体組成計 フィットスキャン FS-102-GR(ミルキーミント)が到着

f:id:hato36:20160820151119j:plain

Fitbitのおかげで友人たちと競い合いが楽しい毎日ですが、運動した「結果」や「成果」についてもやはり気になります。

 

これまで使っていたオムロン カラダスキャン HBF-358

これまで使っていた体組成計はオムロンの以下の製品でした。 

OMRON 体重体組成計 カラダスキャン チェック ホワイト HBF-358-W

OMRON 体重体組成計 カラダスキャン チェック ホワイト HBF-358-W

 

 最近の機種との比較は申し訳ない気持ちになるところですが、最近の体組成計と比較すると...

  • 重い
  • 電源を入れて、登録ユーザの選択をしてからハンドルを握るので手間がかかる

ということで、当時はハイスペックだったこの体組成計が面倒で体重を計るのは2週間に一度ぐらいのペースになっています。
Fitbitは体重と体脂肪率も登録できるようになっているので、本当はもっとマメに計測と登録をすると運動をした成果を「見える化」できて、さらなるやる気に繋がります。
しかし、上記理由から体重と体脂肪率の登録が進んでいませんでした。

 

やっぱり一度はタニタを使ってみたかったw

 オムロンは約10年間にわたって、私の体組成情報を提供してくれましたが、やはり健康器具メーカーとしてタニタも使ってみたかった。。。
ミーハーだとは思いますが、やっぱり健康的な食事の話をよく耳にしますが、やはり一度は使ってみたい!

タニタもすごくいろんな製品をラインナップしています。
特に以下のような製品はガジェット好きとしては見逃せないところです。 


デュアル周波数体組成計 RD-902/903 プロモーションビデオ

 

スマホとの連動は面白いですね。
Fitbitを使わずにランニングだけしている状態だったらこちらの体組成計を購入していたかもしれません。

しかし、Fitbitがあるのにこんな高機能な体組成計を購入する必要はありません。
Fitbitではそもそも体重と体脂肪率しか登録していませんし、私自身もその二つの項目しか気にしていません。もちろんBMIや内臓脂肪などは見ていますが管理をするほどではないので私は以下の製品を選びました。

 

タニタ 体組成計 フィットスキャン FS-102を購入

f:id:hato36:20160821223207j:plain

購入のポイントは以下の通り。

  • マメに計測したいので、計測が簡単にできるもの
  • 出しっぱなしにしたくないので、洗面所の収納棚にしまえるコンパクトな機種
  • 知りたいのは体重と体脂肪率ぐらいなので余計な機能の付いていない安価な機種

そこで、私が選んだのは以下の機種です。なんと2,228円です。激安!
色は妻が選びましたが、他に白とオレンジがあります。 

健康器具なので、肌の色に近いオレンジも悪くないかなと思いましたが、ミルキーミントを選びました。色味は悪くないですね。

 

体重をすぐに測れる

タニタの体組成計には、「乗るピタ」という機能が搭載されている機種があります。
これが体重をマメに計るのに凄く効果があるのです。
理由は以下のリンクをご覧いただくと分かります。

乗るピタ|健康のつくりかた|タニタ

f:id:hato36:20160821211207p:plain

この計測までの動作が早いんです。
いちいち事前準備をしてから体重計に乗るのではなく、乗るだけでいいんです。
どうですか?毎日計りたいと考えているならば計測は素早くできるに越したことはありません。私の場合はこの計測までの動作がすごく嫌だったので、この乗るピタ機能が決め手になりました。

Fitbitの体重や体脂肪の推移については、全然記録が無いのですが、これでマメに記録する下準備はできたので、マメに計測して自分の体重及び体脂肪率の遷移も見える化した上で運動だけでなく、食事にも気を使っていきたいと思います。