鳩ブログ

40代のサラリーマンが綴るブログ

Kindle unlimitedは契約するべきか?

f:id:hato36:20160829233041p:plain

私は以前にも書いたように電子書籍SONY Reader推しです。
そして雑誌類はdマガジン推しです。
しかしながら、Kindleも使っていないわけではありません。

Sony Readerに欲しい書籍がない場合にはKindleで探しています。

雑誌類については、dマガジンを愛用しています。

ビジネス系の雑誌類はもちろんのこと、趣味の山系雑誌や最近ハマっているランニング雑誌、それ以外にmac fanやカメラ雑誌も目を通しています。

しかし、約一ヶ月の試用期間でKindle unlimitedの書籍のほうが読みたくなったので、一旦dマガジンは解約してKindle unlimitedに切り替えようと思います。

 

なんとムック本も無料なんです

kindle unlimitedでもビジネス系雑誌はdマガジンに劣るものの、趣味系雑誌は非常に多い!ランニングや山系の雑誌はもちろんのこと、その手の雑誌の集大成?とも言えるムック本までもが対象になっているのです。
私は車が好きで、気に入った車のムック本は自分が所有していない車種であっても購入しています。 以下のMINIの本なんて普通に購入すると1028円ですよ。これだけで一ヶ月分のunlimitedの利用料以上ですからね。

  

雑誌はバックナンバーもunlimitedの対象です

雑誌類は過去の雑誌も無料の対象になっており、最新の雑誌だけが対象のdマガジンとはその点が大きく異なります。過去の雑誌なんて..と思う方も多いと思いますが、趣味系の雑誌ですと以前見たあの記事が...とか、以前雑誌で見た名前の思い出せないあのガジェットが気になる!なんてことが意外と多いのです。
地味ですし、最新の情報ではないので不要だと思いますが、意外と役立つ機能だと思います。過去の雑誌を捨てずに持っている方がいらっしゃいますよね?きっと気になった時に読み返していると思います。それと同じことができると考えたらいかがでしょうか?しかも、場所は取らないんです。スマホタブレット、もしくはパソコンから見れるんですからね。断捨離というほどではないですが、無駄なものは持たないようにと考えている私にはすごくメリットあると思いました。

 

半沢直樹で有名な池井戸潤さんの小説も無料があります 

 

 半沢直樹のシリーズではないですが、池井戸潤さんの作品もunlimitedに含まれているのです。私が以前好きで読んでいた「検死官シリーズ」のパトリシア・コーンウェルさんの作品もunlimitedに含まれていたりしますし、赤川次郎さんなんかもunlimitedに含まれているんです。昔読んだ作品でもすでにBookoffさんに売ってしまったものを再び読むチャンスだったりします。

 

私はKindle unlimitedを契約しました

時間のたくさんある方でもない限りは両方契約しておくのはさすがに無駄が多いと考えます。しかし、使ってみないとわからないですから、一旦dマガジンを解約してKindle unlimitedを使うことにしました。

満足できなければdマガジンに戻しても良いわけですから無駄なく切り替えることができると思います。

 

dマガジンの解約時期は月末!

dマガジンは月の半ばであっても一ヶ月分の料金を取られます。しかし、解約時点で閲覧は出来なくなりますので、dマガジンの解約は絶対に月末です!(私は8月31日に解約!&kindle unlimitedを契約!)

 

次は私が最初に登録した本が何だったのか?を投稿したいと思います。