鳩ブログ

40代のサラリーマンが綴るブログ

マイクロソフト Sculpt Ergonomic Mouse

f:id:hato36:20160830131653j:plain

私は会社のPCで使うマウスにこだわりを持っている。

古くはインテリマウスから始まるが、マイクロソフトのデバイスが非常に好きである。別に見た目とかそういう話ではない。

すこぶる使い心地が良いのだ。

会社で使っているのはスカルプト エルゴノミック マウスというマイクロソフトマウスであるが、見て分かる通りすごくでかいのである。正直最初は面食らったところはあるし、誰が見ても持ち歩きには向かないが、腰を据えて作業をするときにはこの大きさがすこぶる快適なのである。

また、最近のマイクロソフトマウスには、ブラウザの戻るボタンに該当するボタンがなくなり始めている。ラインナップを見ていただくとわかりますが、一部のマウスにはWindowsのスタートメニューに該当するボタンはあるのですが、戻るボタンがないのです。今までで言うところの三つボタンではないということです。

しかし、私が使っているスカルプト エルゴノミック マウスにはスタートメニューにアクセスするボタンだけでなく、従来の戻るボタンも付いている。このボタンがあるだけで、Webの閲覧は間違いなく効率化される。

f:id:hato36:20160910143942j:plain

そういったことも含めてこのマウスはお勧めである。

さらに言うと、私が購入した昨年は4,700円ぐらいだったのだが、現在は¥2,980円で購入できる。デスクトップPCではもちろんだが、ノートの場合でもマウスを使われる方にはオススメである。

 

自宅のmacbook air 11インチで使うマウスはこちら

自宅のmacbook air 11インチでも時々マウスを使っている。
特に会社で使う資料をOfficeで作成するときなどは、細かいマウス作業も必要になるし、素早く作業を終えたいということもあって、トラックパッドではなくマウスを使うようにしている。現在使っているマウスはスカルプト エルゴノミック マウスの前に使っていた、Microsoft Wireless Mobile Mouse 4000を使っている。実は長年会社で愛用していたのだが、周りのラバー部分が少し剥がれてきてしまったので昨年買い換えたのだが、macbook air 11インチには小型のこのマウスが非常に合っているので、そのまま自宅で使うことにしたのである。

f:id:hato36:20160910144955j:plain

どうだろうか?これは小ぶりなので持ち歩きもOKであるが、私は持ち歩いてまでマウスを使おうとは思わない。必要な場所に必要なマウスを買って置いておけばいいと思っている。
現在はSurfaceの影響なのか、持ち歩きを想定したマイクロソフト マウスが多数あるが、macbook airユーザの私としてはDesigner Bluetooth mouseをオススメする。 

macbook airのシルバーとブラックのシンプルなデザインにマッチするマウスであること間違いなしです。(貧乏性なのでmobile mouse4000があるうちは買えないけどかなり欲しいです) 勝手ながらmacbook airのためにマイクロソフトが作ってくれたマウスだと思っているw

ちなみにノートPCでも、じっくり腰をすえる時はキーボードもマウスも本体のものは使わない!という方には以下のセットがオススメ。マウスだけでなくキーボードもシンプルでオシャレです。