鳩ブログ

40代のサラリーマンが綴るブログ

Apple純正 iPhone7 レザーケース シーブルー

f:id:hato36:20160924122905j:plainiPhone7と同様に注文していたレザーケース シーブルーのレビューです。

iPhone7から遅れること2日で到着した。
ダンボールを開けての第一印象は、「非常に綺麗なブルー」これに尽きる。
Ingressでもレジスタンスを選んでいたのでブルーは好きである。
でも、本当は革らしく「サドルブラウン」を買いたいと思っていたが、ブラックとの組み合わせ写真を見た感じだと微妙に「?」を感じたのでやめた。

f:id:hato36:20160924131810p:plain

ケースで本体を選ぶと言うことをするならば、ゴールドの本体と「サドルブラウン」は相性が良いと思ったが、今回購入する本体はブラック!と決めていたので、「ミッドナイトブルー」が頭をよぎりました。(この組み合わせを眺めているだけで1時間ぐらいiPhone7の予約が遅くなりましたw)

f:id:hato36:20160924131928p:plain

ただ、色が落ち着きすぎていて面白みに欠ける...と感じました。そこで目をつけたのが「シーブルー」。しかし元々の数が少なかったのか人気があったのか分かりませんが、同時に注文したiPhone7よりも到着が遅かったのは意外でした。

 

ビジネスには革!純正だけに配慮もバッチリ!

f:id:hato36:20160924122937j:plain

でも、待った甲斐のある鮮やかなブルーがすごく良い。

f:id:hato36:20160924123024j:plain

ケース裏面は柔らかいマイクロファイバーなので、本体に傷がつきません。(ジェットブラックでも安心!)
そして、当然ですがシリコンではないので安っぽさもないのでいいです。
やはりシリコンですと安っぽく見えてしまいます。(実際安いけどw)
シリコンは使い込むと汚れていくだけですが、革は使い込んだ感じが出てくると思うので、そう言う感じで革を馴らしていければと思います。
とは言え、メンテナンスは忘れずに。革は生きてるんです!

f:id:hato36:20160924123036j:plain

ケースに5,200円(税別)を出すのはどうかと思う人もいるでしょう。
休日なんかは必要ないのですが、平日はスーツですしビジネスの場なので革製のケースでビシッと決めたいと言うのが私の考えです。

f:id:hato36:20160924123144j:plain

f:id:hato36:20160924123200j:plain

しかし、それでいて地味になりすぎないカラーというのがまさにこの「シーブルー」だと思います。
素材感が写真では伝わりづらいですよね...
撮影はα7ですが、マクロがないので寄れないのが残念。
今度はOM-Dのコンバーター付きで撮影してみよっと。

 

アルミ?のワンポイント!

f:id:hato36:20160924134456j:plain

f:id:hato36:20160924134509j:plain

電源ボタン、音量調節ボタンは覆いかぶさるだけでなく独立したボタンになっています。プラスチックではなくアルミなんです。しかも同色ではありますが、革とは素材が違うのでメタリック感がすごくオシャレなんです。
高価なiPhoneに安価なケースでとりあえず保護というのは否定しません。私も会社のiPhone6には1500円ぐらいのシリコンの透明なケースを使っています。
しかし、自分のお金で購入した高価なiPhoneにはやっぱりそれに見合うケースをつけて長く使いたい!そう考えています。

ただ、ランニングの時などは、ケースなしかシリコンケースで運用するつもりです。
革に汗は相性が悪いですからね。
でも、そういう感じでシチュエーションに合わせてケースを付け替えるというのは良いと思います。せっかくですからスマホもおしゃれに楽しみましょう。

純正以外でも革製ケースは多数あります。
私は好みではないですが、かなり流行っているであろう手帳型もおおくありますから、ケース選びも楽しんじゃいましょう。

 

 

 

 

 

寄った撮影ができていなかったので、追加の記事をUPしました。
こちらもご覧ください。

hato36.hatenablog.com