鳩ブログ

40代のサラリーマンが綴るブログ

Microsoft Universal Foldable Keyboar(Bluetooth キーボード) with iPhone7

f:id:hato36:20160926130039j:plain

Microsoft Universal Foldable Keyboard(マイクロソフト ユニバーサル フォルダブル キーボード)を購入して、数ヶ月経過していますが、すっかりレビューを先送りしてしまっておりました。

もともと、REUDOのBluetoothキーボードをiPAQ時代から愛用していました。

iPAQ rx4240 Mobile Media Companion | 日本ヒューレット・パッカード

しかし、乾電池のカバーが取れ、さらにはキーボードを押しても反応が鈍いキーが出てきたことから買い替えを考えました。

 

買い替え候補

スマホ及びiPadで使うことを想定しているので、持ち運びが容易な機種を考えていました。やはりこれまで使っていたREUDOも候補の一つでした。

折りたたみキーボード トップページ

しかし、つい先日まではGalaxy S6と会社のiPhone6の両方を持ち歩いていた私にとって、OS毎に機種が別れているREUDOのキーボードは不便であると感じました。(使えないわけではないですが、刻印と異なる入力がされてしまうことになります)
なので、今回はREUDOは無しと判断しました。

意外だったのは、BUFFALOですね。

これは意外と良さそうだなと。安価でありながらiPhone/iPadだけでなく、AndroidもOKということでいきなりテンション上がりました。
しかし、私はマイクロソフトのマウスが好きで、自宅でも会社でも使っているのでマイクロソフトも調べておこうと思いました。

hato36.hatenablog.com

 

そしたら、これまた意外なことに、いくつか選択肢があるではありませんか!
一つはWedge Mobile Keyboardで、これは折りたたみではありませんが、ビジネスバッグを常に持ち歩くので普段はこのキーボードでも困りません。
しかし、休日ともなると小さいバッグで歩くこともあるので、ちょっと不向きかなと。

休日も大きい鞄を持ち歩く方はこのキーボードもオススメです。折りたたみではないのでキーボードカバーが付属しているのですが、そのカバーがスマホiPadの台になるで使い勝手は意外と良いのです。しかし、このキーボードは乾電池駆動なのです。

REUDOが乾電池で、購入当初の10年近く前はモバイルバッテリーなんて発想はなかったので便利だと思っていましたが、モバイルバッテリーを持ちつつ、乾電池の予備を持ち歩くのは今となっては逆に不便に思うので、内蔵バッテリーのキーボードが欲しいと考えており、乾電池のこのキーボードは私の中では落選となりました。

 

そして、私が今回購入したMicrosoft Foldable Keyboardです。
これは折りたたみですが、折りたたんでも薄型で非常に良いです。ただし、キーボードが右手部分と左手部分に分かれますので、正しくブラインドタッチができない人には使いづらいかも。

それ以外にも私が目をつけたのはこちらでかなり悩みました。
何故かと言うと、Foldable Keyboardは8,177円とちょいお高いのですが、以下のNewly STARTのキーボードは3,999円とかなりお安いのです。 

最終的な決め手は、Newly Startはレビューがあまり見つからず、製品の良し悪しをAmazonのレビューでしか知ることが出来なかったので、安物買いの銭失いになるのを避けるために、安心感のあるマイクロソフトのUniversal Foldable Keyboardを選びました。

ちなみにNewly StartのBluetooth KeyboardのAmazonのレビューを見る限りは悪くなさそうです。より小型のキーボードが欲しいと考えているかたは購入して見ると良いと思います。

 

写真で見るMicrosoft Universal Foldable Keyboard

f:id:hato36:20160926130057j:plain

このように中心部分がまさに分離しているのです。
ただ、ブラインドタッチできる人は全く気になりません。むしろ真ん中にスペースがあることで手を配置しやすいです。

 

右半分のキー配列

f:id:hato36:20160926130106j:plain

右下のテンキーが小さく少し使いづらさがあります。(ちょうどSurface3のキーボードのようです)

左半分のキー配列

f:id:hato36:20160926130113j:plain

こちらも文字を打つ分には申し分ないキーの大きさです。

 

Microsoft Universal Foldable Keyboardのここがいい!

f:id:hato36:20160926130137j:plain

こちらの写真を見ていただくとわかる通り、Windows、Andorid、iOSの3種類のマークがあります。それを直ぐに下の「OS」と書かれたボタンで切り替えることで、OS毎に最適化されたキー配列を使うことができるのです。
私のようにAndroidも使っている人にはこれがすごく便利です。キー配列がOS毎に違ってもちゃんと切り替えて使える便利さはREUDOにはなかった点で、これだけでも8000円以上支払った意味があるというものです。

 

Microsoft Universal Foldable Keyboardのさらにここがいい!

f:id:hato36:20160926130147j:plain

左側のキーボードの上部に不思議な「1」と「2」とさらにBluetoothのマークが描かれているキーがあります。これは何を意味しているかというと、2台の機器とペアリングが出来るんです。これが私には最高だった。しかも「1」はAndroid OSとペアリングし、「2」はiOSとペアリングをするといったことができ、それを記憶しておいてくれるので、iPhone7が届く前までは「1」をAndroidのGalaxy S6に設定し、「2」を会社のiPhone6に設定するという設定で使っていました。現在は「1」が自分のiPhone7で、「2」が会社のiPhone6で使っています。
両方ともiOSでは有りますが、バッテリー残量の多いデバイスを使ってメモを取ることができるのは何気に便利です。複数デバイスをお持ちの方には最適です。

 

折りたたんだでもかなり薄いのです!

f:id:hato36:20160926130927j:plain

iPhone7と並べた写真ですが、ご覧の通り折りたたんだ時にもかなり薄いのです。
しかもマグネットで張り付きますので、勝手にパカパカと開くこともありません。
これも大きな決め手です。REUDOの分厚さにはやや嫌気がさしていたので、この「薄さ」「バッテリーも内蔵」「2台とペアリング」「打ちやすい」という要素を踏まえると、Microsoft Universal Foldableキーボードは一番のオススメです。
現時点でいわゆる本体ではないガジェット補助アイテムとしては今年一番のお気に入りです。

 

Microsoft Universal Foldable Keyboardの弱点

一応最後にこのキーボードの弱点を。
1枚目の写真をご覧いただくと少し分かるかもしれませんが、表面はザラザラした素材でできているので、擦れて角の部分が白くなってきます。
使い込んだ証と言えば聞こえはいいですが、綺麗ではないですw
その点は残念です。

また、iOSだとBluetooth機器のバッテリーの状態を表示してくれるデバイスがあります。私のBluetooth イヤホンであるSound PEATS Q11でもそのことについて触れており、バッテリー残量がわかることで充電タイミングがわかるのですが、このFoldable Keyboardのバッテリー残量はiPhoneに表示されません。これも残念なポイントです。

この二つのポイントが残念ではありますが、大変満足していることは先の説明で理解いただけるかと思います。スマホのさらなる活用のためにも是非使って見てください。