読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳩ブログ

40代のサラリーマンが綴るブログ

副鼻腔炎を発症するの巻

その他

f:id:hato36:20170204143643j:plain

副鼻腔炎を発症しました。

実は初めてではありません。
7年前にも副鼻腔炎をやってます。

 

実際はどうかわかりませんが、私はこの時期花粉症の可能性もあるので、膿が鼻腔に溜まりまくるまで気がつかないため、発症時には頭痛が止まらない、膿に含まれる雑菌と戦うためか発熱します。

 

7年前の時は、朝方には熱はなく午後になると熱が上がりその熱も39度近くまで上がるという謎の発熱?だったこともあり、総合病院で内科だけでなく血液内科や歯科(歯周病が原因で熱が出ることもあるそうです)等の複数の科で診察してもらい、それでも原因が分からなかったことから脳のCTまで撮影したほどである。
しかし、それでも原因は特定できなかったのですが、鼻の部分が怪しいということがわかった。しかし、総合病院ではあったのですが耳鼻科のない病院だったこともあり、その後近所の耳鼻科に行ったところ、副鼻腔炎だろうということで鼻洗浄をしてもらい、大量の膿を出したらその2日後ぐらいには熱が下がったという感じ。

 

今回も、数日前からなんか変な悪寒がするなと思っていたのと、花粉症はサプリメントで解消できたと思い込んでいたのに、やけに鼻がグズグズするなと思っている矢先の熱で、さらに午後というか夜には39度の熱が出たので会社を休みました。

朝方は私の場合35℃後半〜36℃前半なのに、36℃後半だったのと数日前から夜だけ変な悪寒がしていたし、おかしいなということで内科には行かずにいきなり耳鼻科にいきました。

 

そうしたらやはりビンゴ!で、お医者さんがファイバーで鼻の中を見たところ副鼻腔炎で間違い無いということでした。
前回は熱が出てから10日ぐらい経過していましたが、今回はおそらく熱が出て4〜5日程度だと思うので、7年前よりは早い対応が出来ている。

 

現在クラリスという抗生物質とカルボシステインという排膿の薬を処方してもらい、鼻をかみつつ膿を出しているが、これが何日続くのか...いつ熱が下がるのか...

 

熱があるのはまぁ仕方ないとしても、悪寒がするのとカルボシステインという薬の効果か、鼻腔が開いている鼻がスースーしていることが結構厳しい(笑)

 

しかし、今後以下の予兆があったら直ぐに耳鼻科に行こうと思う。

  • 頬骨のあたりが痛む
  • 歯茎のあたりが痛む
  • 鼻水に粘りがある
  • 黄色い鼻水が出る
  • 悪寒がする(これはやや手遅れ)

今思い当たる症状はこんなところだ。
少なくとも、前回や今回のように発熱に至る前には薬を処方してもらい、発熱前に対処をしたいと思う。