読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳩ブログ

40代のサラリーマンが綴るブログ

w-inds 「We Don't Need To Talk Anymore」が格好良い

音楽

w-indsはスキマスイッチ提供の楽曲(キレイだ)を歌っていたので以前は結構好きでした。しかしながら、それは13年も前のこと。

気がついたら当時は幼かった印象のあった彼らがすっかり大人になってこんな格好良い楽曲を歌っているとは...

 

しかも、誰が作曲したのかな?と思って調べて見たらセンターの橘 慶太さんが、作詞・作曲されているのですね。これも驚きです。
若い頃は声が高く歌が上手いな〜という印象しかなかったのですが、努力されたのか才能なのかわかりませんが、作詞・作曲もされているとはね〜。

 

女性だと安室奈美恵さんがダンスも歌も格好良くて好きですし、男性だと同じくダンスと歌で三浦大知さんが格好良いです。
安室奈美恵さんはテレビにも多く出演されていたから見る機会が多かったのもありますが、三浦大知さんは完全にYoutubeで見かけて好きになりました。
Folderだった頃の可愛い三浦大知さんもYoutubeで見れますよ。
その頃の三浦大知さんは和製マイケル・ジャクソンって言われていたんですよね。十分名前負けしないミュージシャン?ダンサー?に育ったのではないかと思います。

 

そもそもYoutubeがなければ、私が歌と「ダンス」なんていうことはまずなかったと思います。そもそもPVなんて有名な歌手のものを音楽番組でチラ見する程度だったと思うんですよね。最近はラジオですら聴きながら流れている楽曲の名前が直ぐに見れたりと音楽好きな人には本当に便利な環境になりました。

私の時代は、近所の小さなCDショップでは最新のものぐらいしか買わず、洋楽などを探しに行くのは横浜のHMVやTOWER RECORDなどで視聴を散々したり、ジャケットやショップの方のコメントを散々見たりしてCDを購入したものです。
ラジオもよく聞いて、この歌なんだ?ってことに良くなったけれど、今と違いインターネットでは曲名を調べることは出来ないし、Shazamなんて便利なアプリもなかった。
DJのコメントをよーく聞いて、メモるしかなかったwww

 

今の便利さは、古い時代の人には良くわかるが、今の人には当たり前という当たり前のことではあるが、そういう時代の移り変わりを改めて見直すのも面白いですね。

 

車というガソリンについても年末年始になるとよく思っていることがあります。
私が若い頃は、そもそもセルフのガソリンスタンドなんてものはなかった。そして年始に開いているガソリンスタンドもあまり多くなかったため、年末は洗車だけでなくガソリンを入れるのも並んでいたほどである。

しかし、今時は年始早々朝からガソリンスタンドは開いているから、年末に慌ててガソリンを入れておく必要もないし、灯油を買い置きしておく必要もない。
こう考えると細かいことが随分変わってきたなと思います。

 

面白いですね。