読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳩ブログ

40代のサラリーマンが綴るブログ

「小説 君の名は。」を読んだ

f:id:hato36:20170304222037j:plain

残念ながらあまりにも話題になりすぎたために映画は観に行かなかった。

というのは嘘で、涙したという人の話を聞いていたので、感動するととめどなく...いや、周りが引くぐらい泣いちゃう私は映画館では見れないと思ったのでBlu-rayで見ようと決めました。

が、我慢ができずに小説を読んじゃったという話。

 

結構小説としては短くてあっさりした感じ。ボリュームだけだと短編小説のような印象。映画が出来上がる頃に書いた小説ということなので、基本的に大きな違いはないようだが、そうであるが故に短編小説のように感じたのだと思う。小説を映画にしたものは小説は長く、その一部を映画化する感じだが、その逆ですからね。

しかし、この小説は描写がものすごく良いと感じた。しかし感動して涙が止まらないというほどの内容では無いと感じた。(泣ける映画が素晴らしいとは思っていない)

 

私はまだ映画を観ていないが、CMで観ていたシーンの数々はもちろんだが、RADWINPSの音楽までもが脳内に流れてくる感じだった。
もちろん映画のCMを見ていたからという前提があってのものであるが、それほどまでにCMの映像や音楽が頭の中に刷り込まれていたということだと思う。

 

また、よくいうと心情がすごく伝わってくると感じたが、裏を返すと心情が読み取りやすいとも言えるのでこの点は一長一短かもしれないが、この小説だったら子供が読んでも理解しやすいと思った。
いつ発売したものかは知らないが、夏休みの読書感想文でこれを読んだらいいだろうなぁとか思ってしまった。

 

そもそもCMで映像や音楽は知っていたが、ストーリーは全く知らなかった。唯一知っていたのは、高校生の男女が入れ替わるということだけ。
ネタバレしないように書こうと思うが、新鮮な気持ちで映画が見たいとか小説を読みたい人は見ないほうがいいかもしれない。

 

男女が入れ替わるといっても、転校生(古いw)みたいな感じではなく、遠く離れた高校生の男女が入れ替わって、会いたくても会えないし、話したくても話せないというもどかしさ満点の内容。

また、キーワードとしては隕石というこれまた全く予想もしないものが登場するわけだが、そういう点は映画らしいと思って受け入れられたし、別に無茶なストーリーだとも思わなかった。ノンフィクションじゃないのだから全然ありだ。

 

映画を見ていないのでなんとも言えないが、個人的には小説を読んでからレンタルビデオ(といってもビデオを借りる奴はいないだろう)を借りる方がいいのではないかともう。私は小説で読んだことを頭に入れつつ、映像を楽しむという見方で映画を楽しみたいと思っている。

 

結論としては、話題に上った理由はわからないが、全体的なストーリーがすごく良い。
主人公や周辺人物の心情に共感が持てるし、心の温まる感じのする良い内容だったと思う。感動するというよりもちょっと暖かい気持ちになる小説だった。これが私の感想である。本を読まない人でも読みやすい内容だと思うので、ぜひ小説を読んでみることをお勧めする。
 

 

君の名は。(通常盤)

君の名は。(通常盤)