鳩ブログ

40代のサラリーマンが綴るブログ

GOLF5 GT TSIともあと一週間でお別れに

f:id:hato36:20170311215853j:plain

GOLF5 GT TSIは3月9日で私のところに来てから丸10年の月日が経過した。

自分が所有した車で10年も所有したのは初めてである。
一番最初に購入したエスクードがこれまで一番長い付き合いで5年半だった。
そこから約倍ほどの同一車種保持記録を更新したわけである。

 

普段から長い期間車を保持する方には大したことはないと思うが、10年は気がつけば短かったし、振り返ると長いと感じた。
しかし、これまでの車を3〜4年で乗り換えをしていた私にとって、ゴルフ5の完成度は本当に高かった。

 

エンジン性能は一般道でも高速道でも十分で、1.4Lの排気量からは考えられないほど満足度が高かった。低回転域はスーパーチャージャーが頑張って重い車重を引っ張ってくれたし、高回転域はターボが十分なパワーを与えてくれた。

そして期待してなかった足回りについては、当時の国産スポーツカーよりも安定していると感じた。私のGT TSIはザックスのサスが純正で装着されていたので、サスペンションメーカーの製品が純正で装着されていたということになる。
安定しているというと一言で終わってしまうが、すこく上品であると最初は感じた。
うまく衝撃を吸収してくれるが、ふわふわということはなく、むしろ硬い部類だと思った。しかし、それまでに乗っていた車が車がインプレッサ WRXだったので、硬いとも感じなかったのは、単純に私の車歴によるところだが、それを差っ引いても素晴らしい出来であることは10年満足して乗っていたことからご理解いただけると思う。

 

ルックスもものすごい特徴があったわけではないが、飽きのこないデザインで長期間維持するのに適していると思う。また、大型の国産車よりも安価ではあっても輸入車であるという所有欲を満足させることによる効果も高い。パソコンでいうところのmacであることやiPhoneであることによる所有欲の満足度というのに近いと思う。(少なくとも私にとっては)

 

そして本日、来週の納車後に引き取られていくGT TSIをレカロから純正シートに戻すために純正シートをディーラーに引き取りに来てもらった。シートなので当然でかいのだが、パサートヴァリアント(しかもGTEでw)で引き取りに来てもらったのだが、純正シート2脚(といってもレカロの段ボールに入れているのでレカロシートでも同様のサイズ)を丸々飲み込んだ。
GTEだからもちろんエンジン音もなくこれからオールトラックが納車だというのにちょっと心惹かれてしまった...(ほんと

そういえば、以前インプレッサ WRX納車前に下取り車の買い手がつくので先に引き取らせて欲しいと言われて、インプレッサ納車前までレガシィを2週間ほど借りた時にも同じことを思ったっけな。
インプレッサと同じ2.0Lターボのレガシィならば、こっちの方が...的な気持ちにはならなかったと思うが、私が借りたレガシィは3.0L NAの静かでありながらもパワフルなレガシィだった。走りやすさは十分な上に、乗り味はジェントルだったし静かというのがこれまた良かった印象。結局インプレッサは4年で乗り換えたけれど、今回の気持ちが早い乗り換えという結果にならないことを今から願うばかりである。

 

何れにしても、納車までの準備はこれで全て整ったので、後は来週土曜日の納車を待つばかりである!