読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳩ブログ

40代のサラリーマンが綴るブログ

退屈な雨の土曜日

f:id:hato36:20170513155043j:plain

退屈な雨の土曜日に予定があって車で出かけました。
雨でなければ写真を撮りに出かけたかった。

f:id:hato36:20170513155022j:plain

GOLF Alltrackの方は2300kmを超えてだいぶあたりもついて来たからか燃費も11kmぐらいに伸びて来たように思う。しかし、以前と違って雑な運転をするとすぐに10kmを割りそうな勢いである。2000kmも超えたので、そろそろ回転数制限も気にせず逆にレッドゾーンまで回してあげたいと思っているが、いかんせん天気が悪いですからそういうタイミングにならない状態です。

 

そして、こんな日は先日のオークションで得たあぶく銭の使い方を考えてます(笑)
平日は仕事が忙しくてそれどころではない(涙)ので致し方ないかなと。

そこで、これまではα7一択で考えていたのを少し改めた。
私は過去にOlympus E-PL1(初代 PEN LITE)を使っていて、おそらく今まで一番使ったカメラはE-PL1だと思う。その時からJPEG撮って出し運用の私も色味は納得している。(ちなみにキャノンは納得できずにEOS 60Dは短期間で手放した)

そして、現在は山や野鳥用としてOM-D E-M5を現在も保有している。OM-Dではα7でも時々使っているCONTAX G Biogon / Planarを使っているが、E-PL1を購入した時にダブルズームで買ったZuiko Digital 40-150mm(FT)を今でも使っており、このズームの写りも(見た目も)気に入っている。

 

f:id:hato36:20170513180736j:plain

しかし残念なことに標準ズームの方はα7がメインということもあって、LUMIX G 20mm F1.7ぐらいしかマイクロフォーサーズマウントのレンズは持っていない。(一応M.Zuiko Digital 14-42 IIも持っているけれどね)

そもそも標準ズームがないので、汗や雨による濡れの危険のある山や望遠限定の野鳥の時にしかOM-Dを使っていないのかもしれないと思い始めたのとともに、ボケのある写真ももちろん好きだが、カリッとした写真が好きになって来ているということもあって、ボケない写真であればα7よりもセンサーサイズの小さいマイクロフォーサーズの方がむしろ向いてるのだ。

オリンパスであれば、「PRO」の名前がついたレンズで、12-40mm(35mm換算で24-80mm)F2.8と、便利ズームになる12-100mm(35mm換算で24-200mm)F4である。
α7だと望遠といえば現時点でMAXなのは200mmの白レンズと300mmのレンズとなるが、オリンパスでは「PRO」レンズの便利ズームでカバーできてしまうのだ。

www.olympus-imaging.jp

www.olympus-imaging.jp

さらに、マイクロフォーサーズであれば単一メーカーではなくパナソニックも同一規格のレンズを作っているので似たような焦点距離のレンズが用意されている。
パナソニックの場合はオリンパスの「PRO」に対して「LEICA」の名前が与えられている。いわゆるLEICAにはそれほど興味はないというか、現時点で欲しいと思うことはないが名前には興味はある。シンプルにCarl Zeissと同じようにLEICAと名前がついていれば間違い無いだろうと思っている。

12-60mm(35mm換算 24-120mm)F2.8-F4.0がLEICA名のレンズとなるが、LEICA名では無いが12-35mm(35mm換算 24-70mm)F2.8というレンズもある。

panasonic.jp

panasonic.jp

12-35mmは、私がα7で使っているZeissレンズと同じ焦点距離になる。
しかし、私のレンズはF4であるのに対して、パナソニックのレンズはF2.8なのだ。

α7は現在使っているCarl Zeiss Biogon 35mm F2.0との組み合わせがベストマッチで、実際RX1のように使っているのが正直なところだ。何せ望遠側のレンズを買おうと思うと高い!15万円くらい出してようやく200mmとか300mmといったところ。

そこがマイクロフォーサーズであれば、800mmのレンズでも15万円くらいで買えてしまうのはやはりマイクロフォーサーズのメリットといっていいだろう。(対象のレンズはパナソニック LEICA 100-400mm)

単焦点レンズはあまり望遠寄りだと手ぶれ補正のないα7では厳しいが、50mmぐらいならば安心して使える。しかし、ちょっと便利な標準レンズを使おうと思うと手ぶれ補正付きのレンズが必要になるため、α7では値段が上がってしまうし、さらに望遠だと値段はもっと跳ね上がる。

やっぱりズームレンズはOM-Dのオリンパスにお任せするのが良さそうだ。
とはいえ、M.Zuiko Digital 14-42mmなどの写りよりはもう少しこだわりたい。

そんな私は先のレンズを選びたいところ。
本当はOM-D E-M1 Mark IIと行ったボディーや私にとってはPEN Liteに近いPEN-Fと言ったボディーにも興味はあるが、予算は15万円ほどなのでボディーにまでは手が出なそうである。2000万画素クラスには少々憧れるが、あくまでサブカメラ?であると思って買い替えは控えてレンズを買う方向で選択したいと思っている。

 

現時点で興味があるのは、LEICAの名前のついた12-60mmとOlympus M.Zuiko 12-100の二本である。

 

正直にいうと、PEN Liteを思い出させるPEN-Fのボディーも気になっている(汗
理由は色味がソニーに次いで好きなオリンパスで、α7に迫る2000万画素を持っているからである。ただ、

 

うーむ。悩む。
α7一台に全てを集約しようと思っていたが、フルサイズのいいレンズは高くコスト的に厳しいと思い始めたので完全に振り出しに戻ってしまった。