鳩ブログ

40代のサラリーマンが綴るブログ

横浜からの御殿場@α7

f:id:hato36:20170521140201p:plain

前回の記事の通り、5月20日は横浜に行ったのですが、その後三浦半島に一旦戻って来て、さらには御殿場に向かいました。

ま、ちょうどポケモンGOで「アドベンチャー ウィーク」なるものをやっていたのと、車を運転したかったのとで、都合の良い場所だったというだけです。
何より駐車場が無料だからいいのかな。他のアウトレットショップも見習って欲しいですな。

f:id:hato36:20170520180002j:plain妻はちょっとした目的(裏ごころ?)はあったようだが、特に私はなにも欲しいものはなく、ドライブさえできれば満足という感じだった。
だが、実際に到着して、ニコンのアウトレットをふと覗いたら、Nikon Dfが気になってしまった。クラシックな佇まいに惹かれたのが正直なところ。
ちなみに裏ごころとしては、純正よりも安価なシグマのレンズがそのまま使えるというマウント上の利点も大きい。

 

α7よりもDfの方がボディが大きいのもあって、シグマのレンズも違和感ないレベルで使えるだろう。(α7 + MC11 + シグマのレンズはちょっとアンバランスかな)
そう考えると、なんだか魅力的に思えてしまった。
発売当初は30万円近くの価格帯でてのでなかったモデルですが、アウトレット店ではレンズがセットになったモデルが22万円で売られていました。
ブラックのボディなんかは、Nikon F3と言った感じの佇まいが素敵な一品。街中でも使っている人をほとんど見たことないけれどそもそも売れてるのか?と思わせるのも個人的にはむしろメリットですね。最近α7はよく見かけますから。。。 

ニコンのフルサイズ FXフォーマットなので、レンズ資産が豊富なのも魅力。
安価にタムロンやシグマを選ぶこともでき、純正の高価なレンズを選ぶこともできる。
これは魅力ですね。空の青さもニコンの写りは好きですし。

f:id:hato36:20170520190011j:plain

今からこの数年前のカメラを買うのは無いような気もするけれど、当時でも画素の高いセンサーを敢えて使わずに1600万画素程度のセンサーで出していたDfの拘りみたいなところは好きなんですよね。


ダイヤル類も無駄に多くて手動で操作しなければならないのは、写真を楽しむ上ではむしろメリットだと思う。シャッターボタンを押しているだけだと自分で撮った!というよりはカメラが撮ってくれただけという感じになるので、ある程度写真を撮ることに慣れた方はむしろこういうカメラの方がいいんじゃ無いかと思う。 

ニコンDf WORLD (.)

ニコンDf WORLD (.)

 
ニコンDfの哲学 (アサヒオリジナル)

ニコンDfの哲学 (アサヒオリジナル)

 
カメラ・ライフ Vol.17 (玄光社MOOK)

カメラ・ライフ Vol.17 (玄光社MOOK)

 

まさかニコンを選ぶことになるとは思わないけれど、ちょっと調べてみようと思う。