鳩ブログ

40代のサラリーマンが綴るブログ

横須賀しょうぶ園@OM-D E-M5

f:id:hato36:20170611153044j:plain

出かけたついでにふと思い立ってしょうぶ園に行ってきた。
カメラは常に携帯しておくべきだなと改めて思った。

 

今回はOM-D E-M5 + M.Zuiko Digital 14-42 ii + MCON-P01なのだ

f:id:hato36:20170611153432j:plain

何を撮影しようと思っていたわけではないが、なんと無くα7ではなくOM-D E-M5にPEN Lite時代に購入していたM.Zuiko Digital 14-42 iiとMCON-P01を装着して持ち歩いていた。

f:id:hato36:20170611153453j:plain

購入時に実はそれほど使っていなかったのだが、今になって便利さと楽しさに気がついている。最近は便利ズームに興味があり、14-42mmでは少々焦点距離に不足を感じた。MCON-P01は、14-42 ii以外にも14-150mmという以前からあるオリンパスの便利ズームにも対応しているのである。
今だと12-100mmでしかもPROというレンズがあるので、E-M1などを使われている方はどちらかというと新しいPROレンズを選択されると思うが、この便利なコンバーターを使うことを考えると14-150mmも決して捨てたものではないと思う。

高性能なマクロレンズと比較したらもちろん差はあります。私もEOS 60Dを使っていた頃にEF100mm F2.8Lを使っていたので、もちろんその差は知っているがいざという時のマクロとしては十分な性能だと思う。と共に、14-42mm iiの写りも悪くないですね。
古くて今や使っている人も少ないかもしれないが(笑)

 

しょうぶは間も無くだけど、紫陽花はこれから!

f:id:hato36:20170611153524j:plain

しょうぶ園のしょうぶの方は来週末がギリギリ...かなという感じだが、紫陽花はこれからが本番である。しかしながら、雨も少し降ってもらわないと紫陽花も干からびてしまいそうな感じだ。
仕事に行くときには雨には降ってもらいたくないが、紫陽花のためならちょっとは仕方ないかなと...。
また、紫陽花の写真を撮るならば晴れよりも敢えての雨の方がいい絵が取れるんじゃないかと思う。ちょっと色を強めに出すVividで濃い緑の葉と青紫や赤紫、淡いピンクやブルーの紫陽花。それが雨で濡れていたらいい感じじゃないですかね。

 

しかし、残念なのはこんなにしょうぶが咲いている日曜日のごごに人が少ない...駐車場も待ち時間なくサクッと止められる(日曜日の午後3時)

f:id:hato36:20170611154220j:plain

こんな横須賀の状態を心配に思う。
一瞬のタイミングとはいえ、この画角で人が一人も映らないのはどうかなと。
開成町のあじさい祭は結構な人出だったのではないかと思うが...。
まぁ、仕事にしてももっと良い仕事が市内にあればと思う。都内が職場の私の仕事関係者でも県立横須賀高校出身者で有名な会社に勤めている人は結構いる。そう。横須賀にも良い人材は沢山いるはずなのだ。
私の会社も入社希望者のかなり多い会社だが、やはり横須賀高校出身者は私の知る限りでも数名いる。(東大も多い私の会社はもっと偏差値の高い高校出身者の方が多いけどw)こういう人員が入社したいと思える会社が横須賀にももっとあれば...と思ってしまう。私もできれば生まれ育った横須賀に貢献できるものならしたいと思っているが、いかんせん今よりも安価な給料で働くのはゴメンである。
でも、転出の多い横須賀にこそ魅力のある会社を誘致してほしいと思う。
テレワークだとか言われている昨今ならば、会社が都内でも暖かくて住みやすい横須賀に住んでくれる人が増えるのではないかと少し期待もしているが、もう少し横須賀の良さを伝えることと、今よりも魅力ある街づくりをしなければそれもないだろうと思う。
転出は多いが転入も多い街は何が魅力なのか?をもう少し考えてほしいと思う。
それこそ、自分たちでどうにも出来ないのであれば、デベロッパーに街づくりを考えてもらうというのもありなのではないか?と思う。
よくあるイベントで人が一時的に訪れるのは、どういう街か?ということを知ってもらうのには良いと思うが、そもそも魅力を感じてくれる街でない限りは転入には繋がらないと思う。

マイクロフォーサーズはボケにくいがそれがメリットだと思うときもある

f:id:hato36:20170611154625j:plain

この紫陽花の色は珍しい。紫とも違う。
毎回しょうぶ園に行くたびに珍しい色だと思っていたが、他でもこの色の紫陽花は咲いているのだろうか?

さて、α7ならば結構ボケてしまいそうなアップだがボケないところがマイクロフォーサーズであり、これが良いところなのかもしれない。
α7を使ってボケを楽しんではいるがボケばかりが良い写真ではない。
いつかは...と憧れていたフルサイズですが、レンズが高く写真を撮る楽しさ、機材を追加する楽しさをスポイルしてしまっている。

α7でフルサイズになり、もうマウント変更はないだろうと思っていたが、完全にソニーの戦略(本体を安価に設定し、レンズを買わせる?)に乗ってしまったのではないかと思う。別に戦略が悪いとは思わないが、私には合わなかったのだと思う。カメラが悪いわけでもソニーが悪いわけでもなく、私自身の方向性とカメラの方向性が合わなかったのだと思う。

f:id:hato36:20170611160245j:plain

マイクロフォーサーズであれば、そこそこの本体にそこそこのレンズという構成で楽しむことができる。(E-M1 Mark iiとかはα7よりも高いがw)
そして、PROレンズのおかげで写りについても素人の私には十分すぎる満足が得られるだろう。現在持っているCONTAX Gレンズは元々初代PEN Liteで使っていたものもあるし、何ならVMマウントアダプタを買えばBiogon 35mmを使うことも出来る。
さらにはセンサーサイズの小さいマイクロフォーサーズを生かして、今までα7ではほとんど使わなかったCONTAX G Biogon 21mmも便利に使える。
そうなると21mm、35mm、45mmのMFレンズが35mm換算で42mm、70mm、90mmとなるので広角側は弱いけれど標準から中望遠までの単焦点としては十分なラインナップとなる。

私みたいなお手軽に写真を楽しみたい人間にはマイクロフォーサーズがいいのかなと思った。

f:id:hato36:20170611161025j:plain