鳩ブログ

40代のサラリーマンが綴るブログ

気がはやいかもしれないがM.Zuiko Digital 12-100mm F4は良い!

f:id:hato36:20170702155554j:plain

E-M5に12-100mm F4を装着して、しょうぶ園に行ってきた。
横須賀のしょうぶ園は、7月に入ると駐車場が無料になるのでまだ花の残るこの時期は散歩するのに都合が良いのだ。

 

関口牧場のソフトクリームを食べに行くだけでも価値はある

f:id:hato36:20170702154134j:plain

関口牧場のソフトクリームは有名だと思うが、駐車場も少なく路上駐車をしている人が多い。しかし、あの場所は急な登り出し下り側はカーブをすると突然下りなのと、信号がないからスピードを出してくる人も多く非常に危険なのである。
そんなソフトクリームを安心して車を駐車して食べられるのも魅力なのだ。

 

ちょうどハスの咲く頃だった

f:id:hato36:20170702153632j:plain

蓮となると大抵の場合は間近では見られずズームが欲しくなり、まさにこの12-100mmが威力を発揮するところではあるが、しょうぶ園では間近で見られるのである。ズームの威力が発揮できないのは残念であるが、今回全てJPEG撮って出しのこの色味は非常に良い!やはりこれまでのOM-D E-M5と同じでもレンズがPROに変わるだけで写りも変わるものだ。

f:id:hato36:20170702153720j:plain

フルサイズのα7でボケすぎでむしろ絞っていくことが多かったわけだが、ボケにくいマイクロフォーサーズなら普通に撮ってもそんなにボケないのが良いですね。物撮りなんかはα7よりも確実に良いですね。

f:id:hato36:20170702153901j:plain

1600万画素を少々悲観していたわけだが、レンズが良くなったことで画素も全く気にならなくなった。レンズ一つでここまで変わるのかと思うほど鮮やかかつ綺麗に撮れたことで、秋の野鳥撮影シーズン到来まではE-M5で満足できるような気がする。

f:id:hato36:20170702153830j:plain

さらにズームでありながらもここまでの写りというのにも驚いている。
今まで気に入ったズームは、Canon FE 24-105 F4L、SONY SEL2470Z、Olympus M.Zuiko Digital 40-150mmかな。元々本数を持っていないのでこれぐらいしか知らないのだが、全部というわけではない。オリンパスの標準域のセットレンズのズームはどれも残念な気持ちになった。しかし、それはレンズの性能の問題であって、本体の問題ではないということだが、高価なレンズはなかなか手を出せるものではないので、カメラ本体の性能を知る前に買い換えてしまう人もいるのではないかと思う。

カメラ本体自体は、そこそこのモデルだったり中古だったりしたとしても、レンズだけは中古でも良いレンズを使わないと本体の本来の性能は引き出せないだろう。レンズの重要性は十分理解していたつもりだが、改めてそう感じた。

 

単焦点の方が明るくていいのになぜにわざわざ高いズーム?

f:id:hato36:20170702153146j:plain

答えはズバリ写真撮影に集中できる!撮影という行為自体をストレスなく楽しめるというのが私の見解である。

f:id:hato36:20170702153317j:plain

今までならば、MFでもいいので写りの良い単焦点を...という傾向だった。しかし、撮影に夢中にはなるものの、単焦点であるが故の画角の違いで満足する撮影ができない場面があった。また、MFだとAFと違って時間がかかりすぎてしまい、シャターチャンスを逃すような場面も多数あった。
それが、満足な写りで35mm版換算で24-200mmときたら言うことないだろう。

f:id:hato36:20170702155959j:plain

はっきり言ってかなり気に入りました。
レンズは予想通り大きいので、少しでもコンパクトにしたいと言う方は、12-40mm PROを選ばれると良いだろう。

残念ながら使ったことはないが、レンズとしては同じPROレンズでこちらはF2.8と一段明るいので、距離(ズーム)が必要ない方はこちらのレンズの方がオススメだ。

f:id:hato36:20170702160044j:plain

他の焦点距離も含めて今後はPROレンズ以外は手を出さなくなるかもしれないぐらい良く撮れていて写りも気に入った。
睡蓮・蓮の撮影が今から楽しみである。

ちなみに単焦点で絶賛興味があるのはこれ↑
これは絶対に良い写りであること間違いなし!
いつになるかわからないけれど、私は絶対に買います。