鳩ブログ

40代のサラリーマンが綴るブログ

M.Zuiko Digital 12-100mm F4 PROの試運転@ガラスの森 Part.2(花)

f:id:hato36:20170708161906j:plain

マイクロフォーサーズだって十分なボケが楽しめる。

普通に撮影するとボケにくいのはやはりセンサーサイズの小ささゆえに仕方のないところだが、別に全くボケないわけではない。わかっていたことだが、今回工夫しながら撮影することでボケを楽しみながら撮影することができた。

 

ガラスの森の紫陽花

アナベルもだいぶ咲いてきているし、逆に早咲きの紫陽花は枯れ始めてもいるが、ちょうど見頃といってもいいのではないだろうか?特に紫陽花は枯れ始めが混じると茶色の枯れた花が写ってしまうので、写真撮影をする目的だったらむしろ咲き始めの方が良いと思う。今はまさにそのタイミングだと思う。

 

ボケボケ〜

f:id:hato36:20170708161902j:plain

ちょっと強引だが光源を背景に撮影するとこんなことも可能である。
ちょっとうるさい写真だが、あくまでも参考としての撮影だよ...

 

暗い場所だとちょっと辛いけど、明るい場所での撮影は予想以上に快適かつ写りも大満足

f:id:hato36:20170708153750j:plain

普通に撮影して十分綺麗。確か露出を少し下げめにしている。
理由は単純で白い花びらの重なる部分が潰れてしまうから...
これは別にマイクロフォーサーズの問題でもレンズの問題でも無いと思う。

f:id:hato36:20170708160144j:plain

赤いバラも綺麗に発色しているが、実はこちらは彩度を少しあげての撮影である。
元々Vividを使っているが、さらに彩度を上げた結果ということだ。
しかし、α7 + SEL2470Zと比較してもこのサイズぐらいなら遜色ない写りだし、色味も違和感がない。以前にも書いたが、私はSONYのカメラの色味にα200時代から馴染んでしまい、他のカメラの色味に馴染めていない。Nikonはまだ使ったことがないのでわからないが、少なくともCanonはどうしても馴染めなかった。赤みが強いというか私のカメラの設定の問題だったのかもしれないが、どうしても馴染めなかったのである。
しかし、ひょっとしたらカメラ自体の問題とかがあったのかもしれない。もしくはフィルターとかね。とはいえ、今更高価なCanonのカメラを買って試すほどの無駄はしたくないため、Canonを買うことはないが、Nikonは一度使ってみたいと思っている。色味がすごく自然で好みな写真を見ることが多いからね。

レンズはともかくこれを買っておけば、非常に満足するだろうなと思う今日この頃。
野鳥撮影時にもシグマやタムロンの望遠が使えるので、今以上に野鳥に熱心になったら買ってしまう気がする。 

 

寄れるのも12-100mm F4 PROの利点

f:id:hato36:20170708161030j:plain

最短撮影距離が 15cm というのも非常に魅力なこのレンズ。
マクロとまでは行かないまでも、これだけ寄れれば撮影可能な被写体も増えるし構図も選び放題である。
マクロはあまり使っていないので得意ではないがマクロが得意ではなくてもこんな写真はきっと誰しも撮りたくなると思う。もちろんこれだけ寄れば背景もバッチリボケるので、レンズ交換式カメラを使っている感は高くなる。

f:id:hato36:20170708161622j:plain

蜘蛛の糸が写っちゃっているのが残念だけれど、なかなか面白い写りをしてくれる。
意図して撮っているとはいえ、満足な結果である。
やはりこういうところに載せる写真はボケていると印象に残りやすいですね。

 

7月8日時点のガラスの森 紫陽花の滝はこんな感じ

f:id:hato36:20170708161356j:plain

下からなのでわかりづらいと思うが結構咲いている。
枯れているアナベルはほとんどないので、今が一番いい時だと思う。
枯れ始めが出てくるとどうしても枯れている紫陽花を除きたくなるので構図に四苦八苦するので今すぐ行くのが良いだろう。

f:id:hato36:20170708161303j:plain

綺麗な女性がちょうど上からアナベルスマホで撮影していたのを撮影させていただいた。(ボケで顔が判別できないと思うのでご容赦ください)
ズームならではの構図と言っていいだろう。同じ場所からの撮影でもこれだけ雰囲気の違う絵が取れるのはやはり面白い!単焦点を使って足で色々な構図を楽しむのももちろん楽しいが、写真撮影を楽しむという点ではズームというのはやはり便利。
この便利ズームでありつつ、F4通しで綺麗な写真が撮れるこのレンズはやはり素晴らしい。ちなみにこの絵は75mmでの撮影。35mm換算で150mmとなるがこれぐらいの焦点距離って結構好きかもしれない。

そう考えると、こんなレンズも私には合っているかもしれないと思う今日この頃。

PROだけだとまだレンズも少ないが、それ以外も視野に入れると純正レンズも多数ラインナップされていて楽しめる。α7は純正だとどうしてもレンズが少ないので残念な気持ちになることも多々あるが、この辺はマイクロフォーサーズならではの利点である。

パナソニックのレンズだとこの辺も魅力的。LEICAの名前がついているので良い写りをきっとするのだろう。価格も12万円とフルサイズと比較すれば安価と言っていい価格だと思う。これでマクロもOKだったらさらにいいのにね。と思うのは欲張りだろうか。

今はまだ考えていないし、マクロのコンバーターで楽しむこととするが、いつかはマクロレンズも欲しいところだ。待っていればPROの名前のついたマクロレンズが発売されるだろう。きっと。

 

おまけ

f:id:hato36:20170708161815j:plain

ブルーの紫陽花が綺麗だなと思って紫陽花の滝周辺で撮影をしていたが、シャッターを押そうと思ったらニョキッと手が伸びてきて自撮りをされている方がいた。
これもマイクロフォーサーズかな?パナソニックオリンパスだと思うが、写真を撮影するということの一つに自撮りってのもあるのですね。スマホならよくあることだけど、レンズ交換式で自撮りでしかも手持ちって意外でした。私は自撮りをやることはまずないですが、ちょっと面白いかもと思った瞬間でした。
この女性は革のボディースーツを装着していてオシャレに使われていますね。
山登りの時は汗をかくのでありえないけれど、普段の撮影の時にはボディースーツってのも結構いいかも。α7なんかは似合いそう。もちろんOM-D E-M5だってグリップを外せば似合うだろう。いつかはここのメーカーのボディースーツとかストラップを買おうと思っているが、なかなか手が出ていないのが現状であるが、魅力的な製品が非常に多い。商品ラインナップを考えている方のセンスがいいのですね。

ulysses.jp

ちなみにE-M5用はすでにラインナップから無くなっている...シクシク。
現在はOM-D E-M5 Mark ii用なっている。
私としては、先の自撮りの方のように、明るい革の色の方が好みである。
その方が使い込んだ時の色がよくなりそうだからだ。

ulysses.jp

 

覆いかぶさるカバーはいらないけれど、ケースだけで考えればこの色味の方がいい感じ。これで3,380円なので結構安く買えるね。

 

ちなみにいくらカメラケースが良いからと言って、E-M1には似合わないと思う。
スタイルが一眼レフですから当然だと思います。E-M5、E-M10、PEN-Fまででしょう。
PEN-Fが一番似合いそうですけどっ。


ちなみに本体はE-M5をそのまま使い続けることにします。
何せ自分で楽しむぶんには1600万画素はやはり十分だから。
今回妻が使ったα7だとやはり綺麗だし拡大しても全然OKな写真が多いのは魅力だけれど、ズームを使うようになって拡大も必要がなくなったことから画素に対する欲求はなくなりました。秋から春にかけての野鳥撮影時にトリミングできなくて画素が〜と言い始めた時に考えますw
その時は画素よりもAFが〜というのが一番の理由になりそうですけどwww