鳩ブログ

40代のサラリーマンが綴るブログ

α7 + LA-EA4 + SAL50F14で撮るガラスの森

f:id:hato36:20170708155951j:plain

かつて私がEOS 60Dを使っていた頃に、妻は私のおさがりのα200 + SAL50F14を使っていた。私もSAL50F14をすごく気に入っていたが、妻も同じように気に入って使っていた。そのレンズをα7に装着して初めて撮影した。

α200APS-Cだったので、同じレンズでもフルサイズのα7に装着したことで画角が変わっている。妻は新鮮だと喜んで使っていた。

f:id:hato36:20170708160143j:plain

やっぱりいい写りをします。
フルサイズだからというわけではなく、妻も慣れているSAL50F14だからか撮影自体も楽しいし、やっぱり画素の高さはパソコンで拡大するとわかりますね。
拡大しても本当に綺麗。別に5年前に発売されたOM-D E-M5を悲観するわけではなく、2400万画素はすごいです。
ちょっと画素は低いけれど、APS-CNikon D7500はAPS-Cで2000万画素で...と考えるとやはり野鳥を本気でやるなら理想的な気がするが、あえて私はコンパクトなミラーレスでこのまま行こうと思う。オリンパスの可能性...いやOM-Dの進化に期待したい。

f:id:hato36:20170708161314j:plain

さてさて、当然ながら私と一緒に歩いているので、同じような写真があるわけだけれど、暗いところではフルサイズ x F1.4には勝てませんなw
ま、写真なんてスペックで勝つ負けるの話ではないのですが圧倒的に綺麗。悔しくなりますが、これはスペックで勝ることを目的にするのではなくいかに高感度に弱いカメラで絵作りをするかを考えるべきかなと思った。

f:id:hato36:20170708162012j:plain

色味もやはり綺麗。うん。カメラって楽しい。
一人でも十分楽しめる趣味であることは理解しているつもりだけれど、複数人で同じ場所で撮影していると目の付け所が違ったりして面白のだ。
フォトウォークとか時々やっているとのを聞いたりしますが、同じ写真が趣味の人が集まってワイワイやりながら撮影するのは多分楽しいねw

f:id:hato36:20170708155641j:plain

背景のボケがトロッとしていて綺麗である。
うーん。カメラは複数台不要!なんて最近思っていたけれど、カメラを変えることによる楽しみもあるなと改めて思った。

f:id:hato36:20170708163147j:plain

これなんてまさに同じ場所から撮影していますが、私のOM-D E-M5 + 12-100mm PROとは画角が異なるしボケ方も全然違うのが面白い。

f:id:hato36:20170708162129j:plain

OM-Dではボケが少ないのでガラス玉の部分にフォーカスして撮影しましたが、50mmでもF1.4とフルサイズだとボケが作りやすいので少し距離が離れていても絵になりますね。ボケが絵を作っているのだなと思った一枚。

f:id:hato36:20170708162312j:plain

f:id:hato36:20170708162345j:plain

α7が嫌いなことはないので、妻に使わせることで二つのカメラを楽しむ。
贅沢なカメラライフだなと思った一日でした。