鳩ブログ

40代のサラリーマンが綴るブログ

Olympus OM-D E-M5のアイカップを購入

f:id:hato36:20170717170905j:plain

海の日を含めた三連休は残念ながら仕事だった。
代わりに平日に代休がとれればいうことないのだが、はてさてどうなることか。

実はどこで無くしたのかわからないOM-D E-M5のアイカップ。私は他のカメラも含めてこのアイカップを外したことも買い換えたこともないので無くなってからも実はそのまま使っていた。

 

本来の用途って?

ファインダーを覗く時に光が入るのを抑制してくれる?

目がファインダーに直接ぶつからないようになっている?

 

私にとってはアイカップがなくて困ったのは、メガネがファインダーにぶつからないようにしてくれるものと解釈している。
いや、OM-D E-M5のアイカップがなくなり、そういうものだと解釈するようになった。実際のところは知らないが、ファインダーを覗く時に横から光が入らないようにしてくれているとも気がついた。これはOM-Dの頼り無いアイカップでというよりは、α7でそういうものだろうと気がついた。

 

OM-D E-M5のアイカップは外れやすいらしい

私のE-M5も最初はついていたが、いつのまにか無くなっていた。
色々Webで調べているとどうやら外れやすいらしい。
ちなみに私のOM-Dもこんな感じ。かっこ悪い...

f:id:hato36:20170717171342j:plain

OM-D E-M5純正ですと、EP-10というものになる。
数百円ではあったが、物の構造を考えると高って感じる。

OLYMPUS アイカップ OM-D,E-M5用 EP-10

OLYMPUS アイカップ OM-D,E-M5用 EP-10

 

ちなみに遮光性をさらに求めると大型で2000円近くもするEP-11という大型のものとなる。

OLYMPUS アイカップ OM-D,E-M5用 EP-11

OLYMPUS アイカップ OM-D,E-M5用 EP-11

 

実際には、EVFはそれ自体がモニタなので発光はしていることとなるが、 やはり光が入ると見えづらいと感じることは多い。

OLYMPUS アイカップ OM-D,E-M5用 EP-11

OLYMPUS アイカップ OM-D,E-M5用 EP-11

 

特に私はメガネをかけていることも影響しているだろう。
しかし、同じEVFでもα7のアイカップは結構大柄だが、こちらは外れる感じは全くしなく安心できる。
カメラは嗜好品でもあるかもしれないが、やはり道具であると私は思う。
見た目が美しいカメラも多数あるがそれはごく一部の高価なカメラではないかと思う。
OM-Dなんかは残念ながらモデルチェンジを頻繁に繰り返すこともあるし、嗜好品という感じではないと思う。そんなOM-Dのアイカップが外れやすいだなんて...

この辺はオリンパスさんにはもう少し考えて欲しいと切に思う。

f:id:hato36:20170717171526j:plain

装着した写真はこちらになるが、正直カバーというかメガネがぶつからないように...というレベルのものですね。大型にしてもよかったかもしれないと少し思ったが、そもそも外れやすいものが大型になって物理的にも外れやすくなるのは如何なものかと思うと、これで良かったのかもしれない。

 

本当にいつ無くしたのかは全くわからないが、これでようやく元の形になったと思うと一安心である。

 

M.Zuiko Digital 12-100mm F4のおかげですっかりOM-Dがメイン気になってしまった。