鳩ブログ

40代のサラリーマンが綴るブログ

2017.07.23 鎌倉で蓮を楽しむ

f:id:hato36:20170723084812j:plain

仕事が少し落ち着いたので、鎌倉でゆっくり蓮を楽しみました。
もちろんパワーアップしたOM-D E-M5での撮影です。

f:id:hato36:20170723084146j:plain

※ この写真は2017年07月23日のものです
今回はM.Zuiko Digital 12-100mm PROのレンズを試したいと思っていましたが、まじかでは見れないので、活躍したのはM.Zuiko Digital 75-300mmがメインです(笑)

f:id:hato36:20170723084322j:plain

しかしながら、結構満足な撮影ができたと思っています。
α7の発色は素晴らしいですし、2400万画素でフルサイズってのは魅力なのですが、こうやってブログに掲載するだけであればOM-D E-M5の1600万画素ぐらいの方がちょうどいいぐらいです。ファイルサイズも無駄に大きくないですし、野鳥ほど拡大しないと見れないこともないですからね。

f:id:hato36:20170723084511j:plain

しかし最長 600mmのズームの世界は楽しいです。α7でこの焦点距離は超高価格なシステムになりますからね〜。強いて言えば、α7 IIであればボディ内手ぶれ補正が内蔵されるので、Aマウント用の望遠レンズを使ってもう少し安価に抑えることができるでしょうが、超望遠の世界をα7 IIの望遠でどこまで手振れ抑制ができるのかは正直私にはわかりません。さらにOM-Dには防水と防塵も付いてきますから、そういう意味で色味やボケに納得のできる人ならばOM-Dの方が良いかもしれません。

f:id:hato36:20170723084551j:plain

それにしても良く映る。
M.Zuiko DIgital 75-300mmなんて野鳥用にと割り切って安価なものを購入していたわけですが十分でしょう。でも、300mm F4 PROのレンズだったらどうなんだろうと思ってしまいます。このまま野鳥撮影にハマるようならば、おそらくこの後E-M1 Mark iiを購入し、さらには300m F4 PRO+テレコンを購入すると思います。いつかは明言出来ないけどきっとそうなるかなと。少なくとも今はそう考えています。

 

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M1 MarkII ボディー

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M1 MarkII ボディー

 

 

f:id:hato36:20170723084645j:plain

しかし、オリンパスの発色もいいですね。もちろんVividを使っている。SONYとは当然異なりますが、それでも慣れてきたからか結構好みです。
さらにはボケすぎだったフルサイズと違ってパンフォーカスで撮りやすいし。現在の私はパンフォーカスが結構好みなので気に入っているのかなと。

f:id:hato36:20170723085024j:plain

望遠レンズも野鳥用に...なんて買い方でしたが、使ってみると普段使いでもかなり楽しい。以前も書いたけど、本当に手に届かないものを引き寄せられる感じがたまらない。

35mm換算で600mmですから目で見えている以上に写っている。

f:id:hato36:20170723085046j:plain

f:id:hato36:20170723085117j:plain

この蕾には尺取り虫?らしきものが登っていた(笑)
あんまり間近で見たことがないので望遠レンズを通して興味深く観察させていただいたが不思議な生き物ですね。

f:id:hato36:20170723085140j:plain

ちなみに光明寺の池にはこんなカニまでいました。結構な大きさだったのですが何ガニ何でしょうかね?

f:id:hato36:20170723090347j:plain

ちなみに夏場の楽しみの一つにセミの抜け殻探しがあります。
いろんなところに抜け殻があるし、抜け殻も抜けたばかりの新鮮なものから雨風にさらされながらもそのまま残っていて汚れているものまで色々なものがあるが、いずれもいろんな想像が掻き立てられて私にとっては飽きない被写体なのである。

f:id:hato36:20170723090625j:plain

この光明寺には猫がいつもいる。
飼っているのか居ついているのか知らないが、数年前は4匹ぐらいの親子だったように思うが今回は兄弟のような2引きがぐっすりと眠っていた。
仲良しなんですね〜。早朝でしたが朝からほっこり出来ました〜。