鳩ブログ

40代のサラリーマンが綴るブログ

RX10m4で野鳥を撮影

f:id:hato36:20171202100009j:plain

元々のRX10m4の購入目的は通常撮影ではなく、この野鳥撮影のためである。

最初に撮影したのはスズメではあるが、このスズメは見れば見るほど可愛いw
それはさておき、さすがな写りである。(画像は全てリサイズ済)
元々SONYの写りが好きだからというのはあるが、立体感も写りのシャープさも非常に満足。ちなみに満足の一つにはファインダーを覗いた時の綺麗さがやはり際立つ。
残念ながらOM-D E-M5は古いのもあってファインダーのドット数が低い。画素も低い。きっと最新のOM-D E-M1 Mark iiであれば画像もファインダーも満足に違いないが、前の記事で書いた通り野鳥撮影用カメラとしては、高機能なレンズ交換型のカメラではなく、レンズ交換をせずに望遠から広角までこなせるRX10m4を選んだ。

hato36.hatenablog.com

 

f:id:hato36:20171202100158j:plain

実際この写真も明月院で紅葉を撮影しながら、明月院の中にある餌箱の近くでうろちょろしているスズメを撮影したものだ。
OM-DではAFが迷いに迷って撮影できないことが多数あったが、結構ビシッととらえてくれたのは嬉しいところ。

f:id:hato36:20171202100354j:plain

こんな餌箱のように、私と餌箱との間に障害物がなければAFは迷うことなくビシッと野鳥を捉えてくれる。

f:id:hato36:20171202100622j:plain

もちろんピントの甘い写真があったりもするが、OM-D E-M5とは比較にならないほどの撮影成功率。これはもう笑いが止まらない。

f:id:hato36:20171202100026j:plain

しかし、一度野鳥と私の間に枝が入ろうものならばこんな感じw
特に私は超解像ズームも普通に使っているので、超解像ズーム域に入ると途端にフォーカスエリアがほぼ画面全体に広がってしまいAFを合わせるどころではないのだが、DMFを本体左側のダイヤルでサクッと選択すれば手動でのフォーカス合わせも楽チン!
この辺は、RX10(無印)を使っていて、機能の大半を理解している点は大きいです。

 

f:id:hato36:20171202114458j:plain

これは先ほどの画像ほど枝が手前にあるわけではないが、超解像ズームにて野鳥だけにフォーカスエリアを合わせることが出来ない状況だが、とりあえず大体フォーカスを合わせて、あとはMFでこんな写真が結構楽に撮れます。
ジャスピンではないですが、シジュウカラとわかるレベルでちゃんと撮れる。

f:id:hato36:20171202114740j:plain

そしてここからが面白いところ。
先の写真と同じシジュウカラなのだが、この写真で蜘蛛の巣が周りに写っているのがわかるだろうか?

f:id:hato36:20171202114753j:plain

そしてこの顔。
この目線の先にはこの蜘蛛の巣を作った張本人が..................

f:id:hato36:20171202114819j:plain

足元にw
そしてこの顔!(やりきった感)

f:id:hato36:20171202114821j:plain

そしてご馳走にありついているのだw(拡大は閲覧注意!w)
いや、シジュウカラって結構ワイルドなのですね。
いやいや、シジュウカラの話は置いといて、こんな写真を撮れたのもRX10m4のおかげであることは間違いない。(もちろんこんなタイミングに居合わせた"運"もある)
ブログ程度の大きさの写真やパソコンで見るレベルの写真であれば、超解像ズームは十分使えるのである!ちなみに35mm版換算で600mmであるが、超解像ズームならば1200mmまでいけるのだ!デジタルズームも2000万画素クラスのカメラならば全然使えるのだ。今回掲載している写真の全てが超解像ズームというわけではないが大半は超解像ズームなのである。
超解像ズームを使うと画素がググッと下がるので、撮影した画像をさらにズームするのには耐えられないが、そのまま見るならば十分である。
これはなかなか試せないと思うが、少しでも感じていただければと思う。
最初のスズメとヤマガラの画像以外は超解像ズームの撮影した結果である。
どうだろうか?全てJPEG撮って出しで超解像ズーム利用だ。
リサイズはしているので拡大してもいずれの画像も荒く見えてしまうと思うが、そのまま見て違いの気がつく人は少ないだろう。私が今回RX10m4を選んだ理由はここだ。
600mmがテレ端ではなく、1200mmがテレ端と言っていいだろう。

野鳥撮影初心者で、取り急ぎは手持ちだったOM-D E-M5に75-300mmを使っていた私が選んだ野鳥撮影用カメラがこれだ。
どうだろうか?私はかなり満足しているし、先の記事で書いた通り普段使いにも十分使えるカメラである。焦点距離の幅が広いので、初心者にもオススメしたいところだが、17万を超える価格帯はちょっと手が出しづらいだろう。
動きものを撮影しない人であれば、RX10m3でも同様の感動を得られるだろう。
違いはやはりAFの性能が大きい。像面位相差AFが使えることだろう。
単純にいうとAFでフォーカスが合わせやすい!早い!ということだ。

 

景色などの静物がメインならば先にも書いたRX10m3でも十分な性能なので、その辺は撮影スタイルに合わせて選んでもらうと良いだろう。
望遠もいらない!という方ならばRX10m2の方がさらに向いているだろう。
同じカメラなのに撮影スタイルに合わせて機種を選択できるってのは面白いですね。(併売されているので今でも普通に買えますよ。m2やm3を古い機種だと思うのは間違いです。ただ、m2は併売間違い無いでしょうが、m3はいずれなくなるかもしれないので欲しい方はお早めに)

 

ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX10M4

ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX10M4