鳩ブログ

40代のサラリーマンが綴るブログ

早戸川林道の野鳥観察@RX10m4

f:id:hato36:20180107122644j:plain

予想はしていましたが、寒かったw

早戸川林道は舗装された道路なので、歩きやすいのですが、駐車場から林道に入ったところでいきなり水が道路に流れているところがあり、道路が数メートルにわたって全面凍結していました(怖
歩くのも怖いのですが、ガードレールにつかまりながら道路脇の落ち葉や土の上を歩くことでなんとか乗り切りました。
それ以降は道路の端っこが凍っていたり、水の溜まっている道路外のところが凍っているだけで歩きにくいことも特になく問題ないですが、日陰のところは上記のように霜が降りていて、昼間でも融けることは無いようだ。

 

ま、そんな感じで行くかたは寒さ対策をしっかりすることをお勧めする。
私はRX10m4の機動性を生かして一箇所にとどまって撮影するようなスタイルでは無いので、歩けばある程度体温が維持できるわけだが、三脚に大きなレンズと一眼レフを装着しているような方は、防寒対策をしっかりすることをお勧めする。
特に上着はセーターやダウンなどで厚着をすればいいが、下半身は意外とお粗末になりがち。パンツの下にタイツを履くとか、パンツ自体が裏起毛されているものを履くといったことをするのが良いだろう。私はPhenixの裏起毛されたパンツを持っているので、今度はそれを履こうと思うが、私はあまり立ち止まらないスタイルで鳥を探すので熱くなっちゃう可能性があるのでもう少し様子を見ようと思う。

 

それはさておき、早戸川林道に来た目的は下記のとおり。

  • 見たことのないベニマシコを見る!
  • 見たことのないウソを見る!
  • 見たことはあるけど、写真をまともに撮れてないルリビタキを見る!
  • 見たことはあるけど、写真をまともに撮れてないエナガを見る!

です。

 

f:id:hato36:20180107122035j:plain

で、驚いたのは歩き始めて10分ぐらいでベニマシコに出会った(笑)
なんの鳥が横にいるのかな?と思っていたらどうやら夫婦の模様。
ベニ=紅 なので当然の色味なのだが、ちょっとどぎつい紅色なのね。

f:id:hato36:20180108184221p:plain

別の写真をトリミングして見るとこんな色味。
酔っ払って顔を赤くしているおっさんに見えるwwwww
ある意味可愛いですが、メスのほうが可愛いかもしれない。
着いて早々に四つあった目的を一つクリア!

f:id:hato36:20180108184351p:plain

鳴いておらず、なんとなく鳥が居そうな気配だけであたりを探して居たらふと視界に入ったところを見つけた。しかも夫婦ということでいきなりの大興奮。

さらにこの直後にジョウビタキさんに出会った。

f:id:hato36:20180108192750p:plain

ちょっと距離があったのでこれもトリミングをしているし、背景がいまいちなのが残念ではあるが好きな野鳥。
歩き始めて15分とかからずにいきなりベニマシコにジョウビタキに会えるなんて地元ではなかなかないのでテンションが上がりまくる!

 

宮ヶ瀬湖が脇にあるし、以前カワセミを見たこともあったのでカワセミもいるかなと思ったのだが、残念ながら鳴き声しか聞こえず。。。
ま、カワセミは近所でよく見ているし、今回の目的ではないからよしとしよう。

 

気持ちを切り替えて歩いていくと、日陰の少し寒い場所で今度はこちらを発見!

f:id:hato36:20180107125315j:plain

なんと目的の二つ目であるウソです!
しかも手前の首がピンク色の押すと、茶色のメスが後ろに写っているのだ!!!
ベニマシコに続いてつがいなのかもしれない。
メスも可愛いのだけれど、ベニマシコと違ってウソのオスの首元のピンク色はすごく綺麗である!
この鳥は、以前始めて来た時(下記の記事参照)に、数名のおじさんたちが撮影していた場所で入れなかったのだが、今回は日陰で寒いからか誰も居なかった。
鳥の鳴き声も聞こえなかったので、野鳥がいないから人もいないんだろうと思って静かに足音を殺して入っていったら、目の前の少し離れた木でなんとなく何かがいる気配がしたのだ。RX10m4の望遠機能を使って見て見たところこのウソがいたのだ。

hato36.hatenablog.com

ちょうど食事中だったようで、ゆっくり撮影をさせてくれた。

f:id:hato36:20180108200408p:plain

せっかくなのでトリミングしたメスもご覧いただこう。
こんな感じでまん丸になりながらも、よく食べていたw
そらまん丸になりますな。
ちゃんと運動してください。

 

ちなみにこのウソを見つけて撮影しているときに、年配のおばさんカメラマンがやって来て、何かいるんですか?と声をかけてくれた。
「ウソがいますよ」と教えてあげたのだが、その装備がすごかった(笑)
キャノンのデカイ一眼に白い巨大なレンズ!!コンデジであるRX10m4を使っている私はおばさんのガシャコン!ガシャコン!というシャッター音に気後れしてその場を離れました(笑)
このおばさんに限らず、早戸川で撮影している方々はすごい装備の方ばかりでびっくりする。大抵の方がキャノンのどでかい一眼で白いバズーカ。さらにバズーカに迷彩カラーのカバーをかけている方が多数。三脚も私が持っているような貧弱?な三脚でなく、足がすごくしっかりしている三脚だけでも結構なお値段がしそうなものばかり。
一体何ミリで撮影できるのか知りませんが、さぞかし素晴らしい写真が撮れるのでしょう。

 

f:id:hato36:20180107132804j:plain

その後すごく木のツタなどが入り組んでいる場所で大量のシジュウカラを発見。
木々が入り組んでいたりツタがぶら下がったりしていて、葉は少ないものの撮影には厳しい。しかしながらかろうじて数枚ゲット。
何度も見たことのある鳥でも、撮影する楽しみもあるので当分は飽きないでしょう。

この後に一瞬だけルリビタキのメスと思われる野鳥が林道に出て来たのだが、近くにいたおじさんたちが「ルリか!ルリか!」と騒いだおかげかすぐにいなくなりました...
無念。

 

ここで折り返し地点の橋まで来たので、ここから来たみちを戻りますが、新たな発見はなく、ウソを見た地点まで戻って来た。
まだウソいるかな?と思って同じ場所でウソを探したが流石にそんなに同じ場所に長時間はいない模様。諦めて林道に戻る際に違う出口から出ようと思って林沿いを歩いたところ、なななんと!!!!

f:id:hato36:20180108203838p:plain

ルリビタキのオスを発見!!!
ちょっと距離があったのと、日陰でしかも林のすぐ脇で暗いためにだいぶ画像は荒い感じになってしまった。さらになぜかあまりの突然いたのを見つけたので、慌ててAFではなくMFにスイッチを切り替えてしまったのでなぜかMFでの撮影www(その瞬間はなぜピントが合わないのか理解できなかったw結果はMFだったからという笑い話)
それでもかろうじて一枚はこんな感じで撮影できたので目的の3つ目もクリア!
しかもかなり嬉しい!!!
先日の衣笠山でもルリビタキは見れるらしいが空振りしてしまったので余計に嬉しかった。撮影枚数は少ないが、また撮影する楽しみが増えたと考えている。

 

エナガは見れなかったがこれで大満足!宮ヶ瀬まで来て良かったと思っていたのだが、まだサプライズがあった。

「コンコンコンコン」と木を小突いている音がしたので、おおお!ゲラも見れるか!?と思って音のする方を確認していたら...

f:id:hato36:20180107140353j:plain

f:id:hato36:20180107140352j:plain

ヤマガラがどんぐり?と思われるきのみを加えて木に打ち付けて割ろうとしていた(笑)
ゲラだと思っていたのでびっくりですが、こういった生態が確認できたことがこれまた嬉しかった。
野鳥を見て写真を撮る。現在までの私の野鳥観察はこの程度だったが、鳥の生態を見るというのが本来の野鳥観察だと思うので、なんか少し野鳥観察の醍醐味を味わえたと思った。

 

妻とこの数時間の観察結果に満足し、車に戻る道を歩いていたところ、最後に再びサプライズ!!!なんだ早戸川林道!!

f:id:hato36:20180107140535j:plain

一瞬ルリビタキのメスが現れたのかと思ったし、撮影時点ではそう思っていたが、家に帰って調べて見たところ、別の写真を見ても尾の部分が青くないしなんだろうと思っていたら、これはジョウビタキのメスの模様。
ちょうど行きに林道を挟んだ反対側でジョウビタキのオスを見ていたのですごくしっくり来た。羽の部分の白い斑点が目印の模様。
いやいや、今まで多分見たことがなかったであろうメスを見れてこれまた大満足。
エナガは見れなかったが、見たかった野鳥も含めて色々観察できた。

 

異なる野鳥に出会えたり、いつもとは違う野鳥の生態が見れたりと普段とは違う場所で野鳥観察をするのは良いですね。

 

ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX10M4

ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX10M4

 
ぱっと見わけ観察を楽しむ 野鳥図鑑

ぱっと見わけ観察を楽しむ 野鳥図鑑