鳩ブログ

40代のサラリーマンが綴るブログ

そしてiPad Pro10.5を購入した

f:id:hato36:20180517204642j:plain

Amazon FireHD8には感謝しなければならない。
セール中で1万円もしなかったとはいえ、Webの閲覧や雑誌を読むのにはやはりタブレットだということを再認識させてくれた。
MQDX2J/A ゴールド iPad Pro 10.5インチ Wi-Fi 64GB(iOS)

MQDX2J/A ゴールド iPad Pro 10.5インチ Wi-Fi 64GB(iOS)

 

上の写真を見ていただくとわかるのだが、今回も整備済み品からチョイスしている。
まぁ、32GB程度でも私の使い方ならば十分だと思っているが、10.5インチのiPad Proの最小容量は64GBなので致し方なく64GBとした。

 

結局8インチでは小さかったという結論だが、自分にとってタブレットがとてもメリットのあるデバイスであることを認識させてくれた。
Kindle FireHD8で当初は読書ができるだけで満足していたが、雑誌も読むようになったら画面の小ささが気になった。そもそも画面の大きいタブレットが無ければそういうもんだと思って使い続けたのかもしれないが、妻のiPadを使って読んでみたら雑誌を使う上では9.7インチのなんと快適なことか...
さらに、タブレットの使い勝手の良さを実感できてきたからKindle FireHD8にEvernoteやPostEver2などをインストールして使ってみたりもしたのだが、Kindle FireHD8の動作の遅いこと遅いことwww 
ポケット百科 EVERNOTE 知りたいことがズバッとわかる本

ポケット百科 EVERNOTE 知りたいことがズバッとわかる本

 
EVERNOTE Perfect GuideBook [改訂第2版]

EVERNOTE Perfect GuideBook [改訂第2版]

 
ポケット百科 EVERNOTE 知りたいことがズバッとわかる本

ポケット百科 EVERNOTE 知りたいことがズバッとわかる本

 
Kindle FireHD8はそもそもAmazonのサービスやAmazonが提供しているアプリだけを動かすためだけのものなので、普通のタブレットと同じような使い方をすること自体間違いなのだろうと思う。まぁ普通のタブレットの定義が怪しいが、明らかに他の製品よりも安いところを見ると、とても他のタブレットと同等の動きをするとは思えない。
※それでもFireHD10は少し早いらしいが...ゲームには向かないとの事。
 
そこで、通勤時間の長い私は急遽昨年末に買ったKindle FireHD8を捨てて(実際は捨ててはいないw)、iPad Pro 10.5インチへの買い替えを決意した。
 
これは久しぶりの自分への大きな投資である。
というのも先日ここにも記載した通り日経xTECHの有料版を契約したわけだが、その閲覧性が高い事が妻のiPadでわかったので、相乗効果も期待している。
もちろんKindle unlimitedもそのまま契約している。
本当はdマガジンか楽天マガジンに乗り換えようと思っていたのだが、最近面白い書籍もポツポツ対象本になって来ている。
 
例えば、「一生使えるプレゼン上手の資料作成入門 一生使えるシリーズ」や「モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書」など、仕事に対してプラスになる要素の書籍が増えてきている。(本当はもっと小説とかも増えて欲しいけどw)
まぁ書籍はスマホでも文字の大きさが変えられるので十分読みやすいわけだが、雑誌的なものはやはり画面の大きいタブレットで読むのが最適である。いや最適とかではなく、むしろiPadのサイズでないととても非効率で読んではいられないと今では思っている。
しかし、書籍でもこんな技術書は図形などの解説が加わる為、スマホだといちいち拡大しないと図も見ていられないのだ。
クラウドデザインパターン Azureを例としたクラウドアフリケーション設計の手引き

クラウドデザインパターン Azureを例としたクラウドアフリケーション設計の手引き

 
Microsoft Azure実践ガイド (impress top gear)

Microsoft Azure実践ガイド (impress top gear)

 
 
そんな非効率な状態で昨年末までスマホで読んでいたと思うと我ながら恐ろしい...
 
雑誌の何が問題かを念のため整理をしておくと、ページの中をなんども移動して読まなければならない部分が問題となる。
雑誌という位置付けのものは、写真と文字とをうまく配置して興味を掻き立ててくれているので、それ自体を否定するものではないが、いつの日か雑誌も写真とをうまく切り分けて書籍と同じように文字は自由な大きさかつ改行位置で、写真は写真で綺麗なレイアウトで読める日が来ることを期待したいが、雑誌は「見せる本」でもあると思うので、文章と写真を切り離すなんてことに期待をしてはいけないのかも知れない。
面白い文章、為になる文章も多数あり、短時間でいろんな情報を提供してくれるメディアであるので、その雑誌を効率読む手段をデジタルで提供してもらえると読者としては非常に嬉しい。
編集者の意図と違う部分もあるかも知れないが、ユーザのニーズの一つだと思ってもらえると嬉しいw
 
まぁそんなこんなで私のiPad Pro 10.5との生活が始まるわけだが、私なりの使い方で長く付き合っていきたいと思う。
ちなみにオプションとしては液晶ガラスフィルムとケースはもちろん購入しているが、キーボードはMicrosoft Foldable Keyboardを持っている為、Smart Keyboardは買わなかった。
しかし、iPad Pro 10.5を手に入れた後に店頭で見たら十分薄くてケースとして普通に使っていても気にならないであろうサイズであったことに少々後悔している。
今後どうするかは未定だが、ひょっとしたら買ってしまうかも知れない...
 
より使い込んで見て必要だと感じたら買うことにすればいいかなと。