鳩ブログ

40代のサラリーマンが綴るブログ

SONY WI-SP500を購入

f:id:hato36:20180519203725j:plain

ランニング時は別のイヤホンを使っているが、あえてのSONY WI-SP500を購入。

理由は単純。イヤーチップについている耳の溝に引っかかる部分が右耳の形が悪く引っかからないため...(涙
なんて実はこのイヤホンは数ヶ月前に購入して普段使いしている。
今まで使っていたこちらは滝汗にやられて故障...

hato36.hatenablog.com

やっぱり安価なものは防水性能がいまいちという感じなのだろうか。
というのも、そも前に購入して使っていたこちらも壊れてしまった。

hato36.hatenablog.com

夏場は滝汗だから仕方なのか安価だから仕方なのかその辺はわからないが、壊れてもいいかという気持ちで安価なものを買っていたので正直あまり気になっていないw
SONYのWI-SP500も、数万円もする高価な最近のイヤホンからすれば7000円とお安いが、SoundPEATSやANKERよりはやや高いので少し期待している。

そうなると、結果的に現在普段使いしていたWI-SP500をランニング用に回すことになるので、普段使い用のイヤホンがまた必要になるわけだ。
有線タイプのものは、iPhoneの純正品も含めていくつか手持ちはあるが、一度Bluetoothに慣れてしまうと有線タイプは正直使えない体になる。

使う前までは別に...また有線に戻ればいいじゃんなんて思っていたが、特に夏場の暑くてちょっとしたことが煩わしく感じる季節だとなおのことだ。
なので、別のものを物色してみるとこのあたりが普段使いには良さそげ。

 

実際にランニングでWI-SP500を使ってみた

使ってみたがダメでした...
私は耳の形が良くないのである。
ウィングチップのついたタイプだと右耳の形が悪く引っかからないのだ。
そして左の耳は形が悪くWI-SP500だと抜けてしまうのだ。
実際ランニング中にぽろっと外れること数回。
装着し直してもどうにもならないのだ。
歩いているときはまったく問題ないのだが、やはり走っているときは全然衝撃が違うのだろう。ま、普段使いでWI-SP500を使っていて見た目としてはいまいちだと思うが、Bluetoothでケーブルレスなイヤホンの便利さには変えられないので秋冬になるまではBOSEのヘッドホンは封印しているので、それまではWI-SP500を使おうと思う。
ひょっとしたらBOSEのヘッドホンはケーブルが嫌で自宅用になってしまうかもしれないと思うほど快適だ。

hato36.hatenablog.com

 

ではどうするのか?

そうなると次のランニング用イヤホンとしてはやはりイヤーフックのついたタイプか、耳にズッポリ挿入するタイプしか選べないことになる。
しかし、これはやはり店頭に行って試すしかない。しかし闇雲に探しに行っても時間も無駄だし迷いもするのでまずは調べてみた。

良さそうだと思うのは下記のもの。
Powerbeats3は最有力候補。これなら耳の形には影響を受けづらいので良いだろうと考えている。価格以外はw

powerbeats3ワイヤレスイヤホンサイレンレッドPowerbeats 3?Wireless Earbud

powerbeats3ワイヤレスイヤホンサイレンレッドPowerbeats 3?Wireless Earbud

 

あと、もう一つ気になる一品がこちら。

結局ウィングチップのついたタイプじゃん!って言われそうだが、普通のウィングと違って長いのだ。これは私の変な形の耳にも合いそうだw

ということで、この2つをターゲットにビックカメラに向かったのだ。

 

結局何を選んだのか?

なぜかまったく違うこちらw
アフターショックスなんて正直聞いたこともないww
もう自分でも笑うしかないのだが、これがなかなかの物なので有る。

以前Super Sports XEBIOだったと思うが、骨伝導タイプのスポーツイヤホンを視聴したことがあるのだが、ランニング中とはいえとても我慢のできるレベルではなかった。
しかしこれは違うのだ。
その違いや使い勝手については別の記事で!

 

WI-SP500にはかなり期待していたのですが、ランニング用としては陽の目をみることなく普段用として頑張ってもらうことにします。まぁ夏場は有線のイヤホンを使っていたので、それがBluetoothになって結果オーライということで。