鳩ブログ

40代のサラリーマンが綴るブログ

夏の印 〜蝉の抜け殻〜 in 鎌倉妙本寺

f:id:hato36:20180729170943j:plain

私の中で夏といえば蝉の抜け殻。夏の印なのである。

この季節は暑くて写真を撮るのも嫌になるのだが、蝉の抜け殻だけはちゃんと収めておきたい。毎年必ずみることが出来るので、自分の写真の撮った結果のベンチマークになる。そういう意味でも毎年の同じ被写体を撮るというのは良いことだろうと思った。

hato36.hatenablog.com

今回は近場の鎌倉は妙本寺。お寺は土の部分が多いから当然蝉の幼虫が多数いるので抜け殻探しには最適である。ポイントは「土」なので、公園や寺社は抜け殻探しは間違い無いのだ。

f:id:hato36:20180729165427j:plain

妙本寺は山に囲まれているので、抜け殻探しは間違い無いのだが、この季節は蚊がきになるので虫除けは必ずやりましょう。

私は家を出るときに虫除けをつけて、さらに車を降りる際にも虫除けをつける。

なので、家には大型のタイプを置いておき、持ち歩き用としてコンパクトなタイプをもう一つ持っているのだ。

さらにコンパクトなタイプをカバンに入れておくのがベストである。
これでかなり蚊に刺される可能性が低くなります。実際私はかなり蚊に刺される可能性の高いO型でさらに昔からよく刺されていたのだが、このおかげで最近はほとんど蚊に刺されていない。蚊に刺されで悩んでいる方は是非!

 

f:id:hato36:20180729165827j:plain

ちなみに近くに公園のある方ならば、夕方から夜にかけて木々の周りを覗き込むと、この蝉の幼虫の抜け殻ではなく動いているところを見ることも出来るのだ。

さらに運が良いと抜け殻からまだ体が柔らかくて白い蝉も見ることが出来る。
夏休みの自由研究のテーマが決まっていないちびっ子にもぜひおすすめ。
私は子供の頃にシャボン玉の液体にいろんなものを混ぜて色の違いや強度?について調べて表彰されて他校で発表したりしたことがあるけど、こういう方が好きだったかもw
今更ながら自由研究って真面目に取り組むと面白いのに取り組み方とか研究テーマのアイデア出しとかをもっと学校で教えるべきでは無いかと思う。
イデアソンとかあると思うが、ああいうことを子供の頃からやらせるのは非常に為になると思うのよね。

アイデアスケッチ ―アイデアを〈醸成〉するためのワークショップ実践ガイド

アイデアスケッチ ―アイデアを〈醸成〉するためのワークショップ実践ガイド

 
アイデアソン!: アイデアを実現する最強の方法 (一般書)

アイデアソン!: アイデアを実現する最強の方法 (一般書)

 

まぁ、そういう面白い先生もいるのでは無いかと期待しているがどうだろうか?
私が小学校の頃の先生は面白い遊びを考えたり、合唱の練習を独自にやってくれて、授業参観の時に発表したりしたっけな。公立だけどいい先生はいっぱいいるはず!
今時はモンスターペアレントとかいて余計なことはやりづらいのかもしれんけど。

f:id:hato36:20180729165405j:plain

しかし寺社の場合は建造物自体にも抜け殻がぶら下がっていたりしていて結構面白い写真が撮れる。

f:id:hato36:20180729165014j:plain

夏だからと海ばかり行かずにちょっと寺社によっても面白い写真が撮れるのでおすすめだ。望遠だともっと面白くも撮れたのかもしれないがこの日はα7にZeiss Biogon 35mmだったのでこれが限界。

f:id:hato36:20180729164629j:plain

しかし、全て新鮮な汚れのない抜け殻をチョイスしたが、一晩とかで結構な数が孵化しているのだろうと思うと恐ろしい。
そら蝉が大合唱するわけだよ。
ということで、夏場で被写体に困っている方はぜひ抜け殻撮影に勤しんでくださいw