鳩ブログ

40代のサラリーマンが綴るブログ

iPhone7 Google Play musicのデータが消えた...ので、iPhone7からXperia XZ1にメインを再び乗り換える

f:id:hato36:20190901093758p:plain
ランニング時に快適にGoogle Play musicにアップロードした音楽を聴いていたのだが、ある時Google Play musicを起動すると、ダウンロードしたはずの楽曲が全て消えていた...

理由はよくわからないしデータ量を見ても完全に消えている様子なので、一から全てダウンロードする必要があることはわかる。
しかし、我が家はマンションであり、インターネットが異様に遅いので、改めてダウンロードするのは非常に厄介である。

しかし、Xperia XZ1(Wi-Fiで自宅内運用している)のGoogle Play musicはバージョンアップはしているようだが、音楽が消えることもなくSDカードに音楽を保存しているのもあって大量のライブラリが維持されている。

iPhone7はほぼ満3年が経過しようとしているので、新しいiPhoneが間も無くリリースされることも考慮して買い替えをしようかなと思っていたが、あまりにもスマホが高価になりすぎていて正直もったいないという気持ちになりつつある。
ガジェット好きとしては新しいものが欲しいという気持ちはあるものの、最近はそれほどスマホに対して要求する事項がなくなってきているし、むしろ古い端末の方がちょっとオシャレなんじゃないかと思うほど。。。

現在のスマホ事情としては完全に負のサイクルに陥っていると思っている。

f:id:hato36:20190831215942p:plain

 

各メーカーが端末スペックをどんどんあげることによって、開発者はそのスペックでできる機能をどんどん搭載してしまい、結果として古い端末はアプリがまともに動かないので買い替えが必要という負のサイクルにはまっていると思われる。これは当然だがiPhoneに限ったことではない。Androidだって同じことだ。

そうなると、3年前に購入したiPhone7よりも2年前に購入したXperia XZ1の方がまだ長命であることが予想されるので、一旦iPhone7からXperia XZ1にメイン端末を切り替えようと思う。(ちょっと古いというのがむしろ頑張って使っている感があってかっこいいと思えるw)

端末を変えるに当たってやらなければならないことはいくつかある。

パッと思いつくのはまずこれぐらい。
コンビニの買い物はiDだし、定期券以外の範囲で電車に乗る時はモバイルSuicaだし、あとは音楽聴くときやランニング時に使うデバイスがつながればまずOK。
さらには各々ほぼ同じアプリがインストールされているが、Wi-Fi運用している端末なのでそもそもデータ同期などは問題なし。

アプリでログインをし直さなきゃいけないものと、認証系アプリは注意が必要だ。

すでにSNS系はWi-Fi利用のXperia XZ1でも利用しているので再設定などはほぼ不要。
で、色々失敗もしつつ、iPhone7からXperia XZ1に移行を実は終えた。
慎重にやったので半日ぐらいかかったけどw

f:id:hato36:20190901093310p:plain


で、その結果、モスターボール Plusが繋がったり繋がらなかったりで踏んだり蹴ったり。(その後安定して繋がるようになったので良かったが、ポイントはBluetoothの設定画面で事前に認識しておくことだった)
とはいえ苦労して色々設定したXperia XZ1を再度iPhone7に戻すのもどうかと思うので一旦そのまま使おうと思う。

一つ言えることは、画面が大きいことは正義なのだと思った。

大きければいいというものでもないが、4.7インチのiPhone7から5.2インチのXperia XZ1に変わっただけで、ものすごく大きな画面に変わったような印象を受ける。たった0.5インチなのに。仮にiPhone XRに機種変する場合は5.5インチなのでiPhone7からiPhone XRに変わるだけで4.7インチから5.5インチ0.8インチも大きくなることになる。0.5インチでも大きく変わったと感じたのにさらに0.3インチも大きくなったら、大きすぎると感じるのか丁度良いと感じるのか非常に微妙なところだ。
なにせ画面の大きさが大きくなれば重量が増えることも考えられるからだ。

実際iPhone XRの重量は194gでXZ1は156gなのだ。

パンツのポケットに入れたりカバンに入れた時は気にならないが、胸ポケットに入れた時にこの差は大きく感じるだろう。そう考えると、XRとおなじGoogle Pixcel3は5.5インチでありながら148gというのは非常に優秀だと思う。もちろん性能面での大きな差はあるが、すくなくともGoogle謹製でありながら、バランスの良いスペックとソフトウェアでカメラもうまく制御して満足感を高めているというのは少なくとも私の感覚には非常にあうが、残念ながら街中でPixcel3を使っている人を見たことがほぼない...。
個人的には残念であるが、よくシステムのことをわからない人はiPhoneならば満足...とかカメラが2眼、3眼ならば優れていると直感的に思ってしまうのだろう。

別にそれ自体を否定するわけではないのだが、意外とお金のことを口にすることが多い友人の方がiPhone XとかiPhone XSとか使っていて、私には正直よくわからない。
お金がないならそんな高価なものを買わずにもう少しコスパの良い機種を使えばいいのに...と。

私はポケモンGO以外のゲームは大したものはやらないので、その他の便利系アプリが使えればそれで十分である。
早いところスペック戦争が終わって、デザインとかサービスで争う時代になって欲しいものだ。