鳩ブログ

40代のサラリーマンが綴るブログ

雨の多いので、備えの靴磨き&スタンスミスを綺麗にした

f:id:hato36:20170813224650j:plain

梅雨が上がってから雨の降る日も多く天候もいまいち。

季節柄ではありますが湿気も多く、あまり放っておくとカビも生えやすくなる。
靴を磨いておく事でちょっとした雨ならば雨染みを防ぐこともできる。

以前もここで書いたけど、履き潰すことで買い換えれば...と思っているビジネスマンはすごく多いと思う。
それは会社の中でも見ていればよくわかる。

 

履き潰すから磨かない

これはこれで悪いとは思わないが、磨かないのは身だしなみとしては決して良いとはいえない。せめて埃を落としてから↓のような簡単なもので靴を磨くべきだ。

[コロンブス] columbus KNIGHT LIQUID  (クロ)

[コロンブス] columbus KNIGHT LIQUID (クロ)

 

上記のものを使うだけなら、2分もあれば塗って拭くぐらいのことは出来るだろう。

しかし、履き潰す前提の人はおそらく一切それをやっていない...
だから雨染みがあったり、色落ちが激しかったりと本人は気にしていないのかもしれないがはたから見れば残念な状態となっている。

営業ならばもちろんだし、そうでなくても普段着ではなくスーツなのだから、清潔感を含めた身だしなみにはもう少し気を配るべきだ。

 

ちなみにクリーナーとニュートラルなクリームがあれば、普段ばきの革靴だって綺麗に出来る。残念ながら汚れていた状態の写真はないのだが、アディダスのスタンスミスも綺麗にした。

f:id:hato36:20170815000424j:plain

私の中でのポイントは綺麗にしすぎないこと!だったのだが、微妙な汚れは残しつつ、白さを取り戻して見ました。
こんな靴も正規品であれば革靴なので、汚れ落としとニュートラルクリームで綺麗さと艶を手に入れる事ができる。

私が使っている汚れ落としはもっと古いものでデザインもかなりひどいものwだが、昨日は十分である。

[エムモゥブレィ] M.MOWBRAY アニリンカーフクリーム 2027 (ニュートラル)

[エムモゥブレィ] M.MOWBRAY アニリンカーフクリーム 2027 (ニュートラル)

 

汚れ落としを布切れに若干つけて、それを靴の上で綺麗にしてからニュートラルのクリームを塗って、拭き取る作業となります。
基本的には靴磨きと同じ作業です。
このような手入れをしておく事で綺麗な状態で長く履く事ができます。
結果的に安価なスタンスミスを買うよりも長くはけて愛着が湧きますよ。

 

このニュートラルなクリームはそれこそぴったりな色のクリームがない場合の財布やカバンなどの革製品でも使えるので一つ持っておくと便利です。

 

革製品の好きな方はぜひお一つ。
当サイト経由で良く購入される品の一つです。

 

使ったことはないですが、こんな品もあります。
普通のスニーカーの汚れ落とし向けです。

お気に入りのニューバランスのスニーカーなんかはこの手の汚れ落として綺麗にしておきたいですね。