鳩ブログ

40代のサラリーマンが綴るブログ

里山で野鳥観察@RX10

f:id:hato36:20171103152651j:plain

これ先日OM-Dの写真でupした記事と同じ日の写真です。

hato36.hatenablog.com

何って、75-300mmを装着したOM-D E-M5で撮影していた時と違って広角と望遠の両方をカバーできるので便利です。
もちろん12-100mmで撮影すればRX10と同じ焦点距離で撮影できますが、画素数が違うのでやっぱりRX10はセンサーが小さいとはいえ素晴らしい出来栄えのカメラだと思う。そう考えると現在野鳥用レンズとして考えているα7用のSEL100400GMよりも24-600mmとなるRX10M4の方が便利でコンパクトでいいんじゃないかと思ってしまう。

f:id:hato36:20171104232211p:plain

絶対的に望遠は必須なのですが、AF性能とか望遠以外の性能もやっぱり重要。
E-M5だとC-AFでも追いきれないし、ピントもなかなか合わないので苦労します。

f:id:hato36:20171103152536j:plain

SEL100400であれば、大好きなα7(と言っても無印ですがw)で望遠が使えて、超解像ズームと画素数を考えればそれなりの写真が撮れるのではと期待していますが、何せ高いんですよね。

f:id:hato36:20171104232508p:plain

このキビタキはRX10でなおかつ超解像ズームを入れて、さらにトリミングをしてこれなんです。でも現在の無印は200mmが最大望遠ですが、RX10M4ならば600mmまで光学ズームしますし、さらに解像度も高いので安心です。

色々考えを巡らせて、さらには色々な方々のブログなどで写真を拝見していると、RX10M4でも十分というか私の腕にはちょうど良いのではないかと思う今日この頃です。