鳩ブログ

40代のサラリーマンが綴るブログ

Kindle unlimited vs dマガジン

f:id:hato36:20180422202144j:plain

私は過去にはdマガジンを契約していたが、一度dマガジンを止めて現在はKindle unlimitedの契約をしている。
一部の本はお金をお支払いして購入したものではあるが、大半はKindle unlimitedで読めるものである。

AmazonのKindle Fire HD8を持っていることはここにも書いているが、Kindle unlimitedに加入しているので、RUNNING STYLEやTARZANなどの雑誌を読んではいるものの、気に入った記事しか読まずに他は流している状態。
とはいえ、拾い読みでも十分楽しめてはいるので満足している。
ただ、読む雑誌が固定化してくると、むしろKindle unlimitedよりもdマガジンの方が良いのではないか?とか思えてきた。
dマガジンは、ビジネス雑誌だとPRESIDENTや週刊ダイヤモンド日経アソシエなどが読めるので時間潰しには持ってこい。(ちなみにFire HD8ではdマガジンなどのアプリがインストールできるように手を入れてある)ちなみに日経アソシエであれば、Kindle unlimitedでも読めるのだが、現在Kindle unlimitedで読める日経アソシエは3月号まで。dマガジンだとすでに4月号も読めるので一ヶ月dマガジンの方が早いということになる点に注意が必要である。

Kindle unlimitedとdマガジンの価格比較

そもそも各々のサービスの月額は下記の通りである。
  • Kindle unlimited 980円(税込)
  • dマガジン 400円(税別)
dマガジンを読みつつ、500円の書籍や雑誌を毎月別途購入しても同じ額ということだ。
 

Kindle unlimitedの良いところ

雑誌を読むことの方が多いが、実は雑誌以外も読んでいるのである。
例えば...
  • ライフハック系の書籍
  • プレゼン資料作成の極意的な書籍
  • マネー系の書籍
  • その他ビジネス書

といったところ。何気に二つ目のプレゼン資料作成の極意的な本は、丁度とあるセミナーでプレゼンする機会があるので、いくつか探して読んだのだが、dマガジンではそういう書籍は読めないので、読みたい本をささっと探してダウンロードし、良さそうな本を一冊だけピックアップするような使い方ができるKindle unlimitedは、良さそうな本が見つかったときに限っていえばとても便利だと思った。

しかし残念なことだが、システム関係の仕事をしている私は技術書なんかももっと読みたいわけが、そういう書籍はunlimitedの対象になっていないのが非常に残念。
日経コンピュータとか日経ビジネスとかが読み放題だと嬉しいのだが、、、

 

この件はもう少し考えたいと思う。
ただ一つ言えることは、dマガジンにするならばKindle FireHD 10かiPadにしないと画面の大きさ的に厳しい。本は良いが雑誌は勝手に整形してくれないのと段組が多いので、画面が大きく一覧性が高いのが望ましい。
実際妻のiPadKindle unlimitedの雑誌を読むと快適なのである。
その内Kindle FireHD8以外にFireHD10かiPadを買ってしまいそう...

 

日経xTECH?

日経xTECH(クロステック)というサイトが2月ぐらいにオープンした。
有料会員となると日経SYSMTEMSや日経コンピュータ、日経ネットワークなどの雑誌の記事を100ページ分読むことができる。そして日経システムズ、コンピュータ、ネットワーク以外の雑誌のHTML版の記事は制限なく読むことができる。(例えば日経クラウドファーストとかね)
ちなみに月額は2,400円で昨日までに申し込むと5月の1ヶ月は無料期間となる。

で、すでにこの日経xTECHの契約は済ませた。
読んでみて期待している読み物ではなかったとしたらやめればいいだけだし。
現時点では調べ物にも活用できるしなかなか良いと思っている。
強いていえば、WEBページであり読みづらいと感じることがある。
できれば専用アプリが用意されていて、気になった記事をEvernoteに取り込みやすくするといったユーザビリティの向上をお願いしたい。
日経新聞デジタルでその手のことはやっているわけだから日経としては出来ない訳ではないだろう。ぜひそうしてもらいたい。アプリとしての昨日は大したことはなくHTMLをスマホ操作しやすいように見せてくれればそれでいいのだ。ぜひ改善を!

 

私のような情報システム部に所属する会社員には必要な情報が多数収集できるし、人との会話にも役立つ情報が沢山詰まっている。非常におすすめである。

tech.nikkeibp.co.jp