鳩ブログ

40代のサラリーマンが綴るブログ

やっぱり10インチ前後のタブレットを購入しようと考えた

f:id:hato36:20180513193547p:plain

色々考えた結果、やはりKindle FireHD8よりももう少し大きな画面サイズのタブレットを購入しようと思う。

以前にも書いたように、Kindle FireHD8のおかげでiPad(初代)を発売日に購入してからはや8年強。当初はタブレットを全然活用できておらず、パソコンでできることを無理にiPadでやっていた感じだったが、妻に使わせたところパソコンを開くのが億劫だった妻にはジャストフィットしていた。

そもそもメールとウェブブラウジングぐらいしかやっていなかった妻には起動も早いし面倒ではなかったらしい。

 

しかし、そんな姿を見つつも、会社で支給されたiPadなども数々使ってきたが、使いこなすところまでは全くできていなかった。
私の場合はパソコンを起動するのは決して億劫ではなかったし、キーボードがある方が全ての動作において早くて都合が良かったからだ。

しかし、そんな状態からかなりの年数が経って私にいくつかの変化が訪れた。

  • 会社でOffice365を導入し、出張の多い人にiPadの良さを伝える上で自分自身が活用法を体感する必要が出てきた
  • 外出が増えて、電源の確保が億劫になったため、PCよりもバッテリー持続時間が長くSIMの刺さったiPadを活用するシーンが増えてきた(しかし社給のiPadはmini3でぼちぼち動きがもっさりしてきている)
  • 読書が楽しくなったが電子書籍にシフトして、Kindle FireHD8を購入したが、雑誌を読むのは8インチではしんどいことに妻のiPadを使ったことで気が付いた

Kindle FireHD8を購入して半年もまだ経っていないわけだが、平日の通勤時はほぼ常に使用している。これまでだったらスマホを使って無理やり雑誌を読んだり書籍(書籍は文字の大きさを調整できるのでスマホでも苦はないし、むしろスマホで良いと今でも思っている)を読んだり、Amazon Primeで映画を見ていたりしている。

Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) 16GB

Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) 16GB

 

よほどXperia XZ1よりも使っているかもしれない(爆笑)

しかし、それは言い過ぎかもしれないが、スマホタブレットクラウドの使い方が自分なりに形になってきたからではないかと考えている。

スマホのポジション

やはり常時持ち歩いていることもあって、スマホタブレットとは異なる用途になる。

タブレットのポジション

電車の中や会社や自宅など、テーブルがあるか自分が座っているときに主に利用する。

  • ウェブブラウジング(先日契約した日経 xTECH閲覧や調べ物など)
  • 読書(小説、ビジネス書、技術書、雑誌、漫画などの電子書籍

Kindle FireHD8ではここまでで有ったが、10インチモデルを購入するにあたって下記のこともやりたいと思っている。

Fire HD 10 タブレット (10インチHDディスプレイ)

Fire HD 10 タブレット (10インチHDディスプレイ)

 
  • 仕事への活用(資料の素案作成、検討)
  • ブログのネタ書き(BT KeyboardはMicrosoft Folderblekeyboardがある)
  • さらなる読書(雑誌や技術書は8インチでは厳しかった...)

クラウドのポジション

スマホおよびタブレットのデータ同期となるわけだが、スマホタブレットも活用できているのはクラウドのおかげである。
現在利用している主なクラウドサービスは下記の通り。

数々のクラウドサービスのおかげで、スマホタブレットという運用が実現できていることは重要なポイントである。

「なんでタブレットを買うの?」を整理してみる

上記で書いたタブレットの用途であるが、基本的にはスマホでも全て出来ることではある。しかし、そのいずれもスマホではなくタブレットで実施することで、全ての操作が快適になるのだ。単純に言えば画面の大きさなのであるが、ブラウジングはもちろんだが、読書や文章を書くことにおいてはその快適さは数倍にもなると感じている。

これはタブレットを使い込んで見ないと分からない感想である。(私は8年もかかった...)
何が快適か?と言われると、画面が大きいことによる一覧性が一番の理由である。
いや、一番でもなんでもなくこの理由のみがポイントである。

 

ウェブブラウジングにしても読書(例えばKindle)にしても、小さい画面でも拡大してスクロールすればいいと考えるのが一般的であると思うが、大きい画面で読書をしてしまうと一画面内の情報量が多く、スクロールが不要であるので快適なのである。

 

いや、快適なだけならば多少我慢すればと思うが、むしろ不快であったのだ。
不快というのも当初は全く感じておらず、スマホよりもKindle FireHD8は快適であり満足していたのだが、妻のiPadで同じことをして見たら、Kindle FireHD8ではいかに画面の多きさが足りず不快なのかがわかってしまったという感じ。
ちょっとしたメモはやはりパソコンを起動するのは手間ではあり、しかしその為に記憶しておくのは限界といったところ。何せ私は案件が多くある程度は覚えていても自分の記憶に頼るのには限界がある。そういった部分をスマホの(それほど得意ではない)フリック入力に頼るのではなくタブレットを使うことで補っていきたいと思っている。

 

10インチのタブレットって何を買うべき?

私自身はiOSだろうがAndroidだろうが、特定OSに依存するアプリを使っているわけではないので、正直どちらでも良いと思っているが、残念なことにタブレットAndroidな製品はあまりぱっとしない...
Google Nexusは今は無いし、Xperiaも新しいタブレットは出ていない...
Galaxy Tab S3 9.7という選択肢はあるが、残念ながら輸入以外の方法はないのと、決して安くなく、iPad Proが買えてしまう価格である。(ペンが付いているのは魅力!)
そう考えるとAndroidタブレットを積極的に選ぶ理由がないというのが正直なところ。
やっぱりiPad Pro 10.5あたりが無難なのかもしれないが、もう少し悩んでみたいと思う。

MQDX2J/A ゴールド iPad Pro 10.5インチ Wi-Fi 64GB(iOS)

MQDX2J/A ゴールド iPad Pro 10.5インチ Wi-Fi 64GB(iOS)