鳩ブログ

40代のサラリーマンが綴るブログ

下田公園で紫陽花を愛でる@α7

f:id:hato36:20180525132758j:plain

久しぶりにカメラを持ってのお出かけ。
目指すは下田公園。
ここには何度か足を運んで紫陽花の写真撮影を楽しませてもらっている。

f:id:hato36:20180525131718j:plain

今回のカメラはα7+CarlZeiss Biogon 35mm F2である。

しかし、今回は撮影した写真をそのままではなく、少しmac book proで加工している。
久しぶりの撮影ではあるのだが、実は撮影前には色々と情報収集しており、今回はたまたまOlympus PEN-Fの話題をKindleなどで読んだりネットで調べたりしていた。

 

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN-F Body BLK

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN-F Body BLK

 

 

これまでは画像の加工にはあまり良い印象を持っていなかったのが正直なところであるが、女性カメラマンをはじめとしたカメラマンが、いわゆるフィルムカメラではなくデジカメをプライベートで使っている時の写真などで加工やPEN-Fを使ってカラープロファイルコントロールで作品を作られているのを見て少し刺激された。(ちなみにPEN-Fの物欲も刺激されたw)

で、早速試してみようと思ったが、下田公園に行った2018.05.25は陽射しが出ていて、とてもじっくり撮影できるような状況でなかったのもあって、帰宅してからmacの写真アプリを使って加工して見た。
あからさまなものは避けているつもりだが、私になりに遊んで見た。そしてとてもたのしかった。

f:id:hato36:20180525130036j:plain

もちろんそもそもの撮影時にも素人なりのイメージを持って撮影をしているので、さらにそれを絵のようにイメージして彩度や輝度をいじっている感じ。
※ もともととそれほど変わっているわけではないんですよ

f:id:hato36:20180525130809j:plain

まだまだ思い切りが足りていないので、カメラマンの方々のような印象に残る写真にはなっていないし、空想のイメージのような思い切ったことは出来ていないが、こういう楽しみ方もようやく理解できるようになったと思う。
というのも先にも書いた通り加工は否定的だったのだが、歳をとったからか固い頭も少し柔らかくなってきたのかもしれないし、撮影にも慣れてきて考え方に柔軟性も出てきたのかもしれないw

f:id:hato36:20180525130519j:plain

しかし、これはこれで楽しめる。以前にはRAW画像で撮影したことがあったが、その際はRAWで撮影したというだけで、対して加工や現像には凝らなかった。しかし、今回はJPGで普通に撮影し、それを少々いじるという方法をしている。
しかしそれでもアマチュアな私には脳内に残るイメージに近いものや脳内でこう撮影できたらよかったのに...という感じで加工している。

f:id:hato36:20180525125807j:plain

ちなみに肝心な下田公園の紫陽花の開花具合であるが、まだまだこれからではあるが日陰の紫陽花は結構元気に咲いているし、枯れた紫陽花のない今の時期はそれはそれで気持ちの良いものだ。枯れた紫陽花があるとゲンナリするからね。

f:id:hato36:20180525125539j:plain

光の扱いも慣れてくるともっと面白い絵になるだろう。

f:id:hato36:20180525130955j:plain

ちなみに来週から始まる紫陽花祭りの準備は着々と進められていますのでご安心ください。来週はすごい人出になるでしょう。今年は祭り前なので問題なかったですが、来週の祭り期間にいらっしゃる方は、道の駅の近くにある無料駐車場に止めるのがオススメです。私もここ数年通っていますが、近くの駐車場に止めても混んでいてのんびりしづらく、暑い中車に戻ってきて、車内を冷ますことなく出発するようなことになり、結果的に不満が残った。しかしながら道の駅の近くに用意される無料駐車場ならば少し離れていることもあり、満車ではなかったので、走り出す前に車内を冷ましてゆっくり帰路につくことができた。些細なことではあるがこういうことも重要だと思っている。

下田の街並みもとてもフォトジェニックで面白いと思うので、初めての方であればなおのこと無料駐車場の活用を認めます。