鳩ブログ

40代のサラリーマンが綴るブログ

今のカメラ資産価値ってどれぐらい?

f:id:hato36:20181021221148p:plain

先日デジカメを見直そうと考えたわけだが、そもそも元手となる既存の資産がいくらなのかを確認してみた。

カメラのキタムラだといくら?

まずは中古として愛用しているキタムラの価格をチェック。

f:id:hato36:20181021222237p:plain

買い取りだと最高で283,950円となかなかと言いたいところであるが、元の出費を考えるとこんなものかと思ってしまうが、次のカメラ・レンズを購入する資金としては十分。
しかし、カメラの買い取りはキタムラだけではない!!
有名な中古カメラ買い取りといえばマップカメラ!(と言っても店舗に行った事はないw)

 

マップカメラとやらではいくらで買ってもらえるのか?

f:id:hato36:20181021222658p:plain

よくできてますな。ほぼ同額。(マップカメラの方が若干高いね)
大体28万円代というのがターゲットというのがわかったのと、下取りだと10%買い取り額がアップするようなので、買いたいカメラが売っているサイトで買うというのが良いだろうと思う。

 

今までだと、カメラを買うときはそのカメラの用途に合わせて自分が最適だと思うレンズを一本買うというスタイルだったが、今回は予算もあるわけだし、欲しいレンズを何本かまとめて買うスタイルで購入してみようと思う。

 

色々カメラを見たのだが、やはり最終的に残ったのは下記の2機種。

日常持ち歩けるコンパクトさと防水性能。
そして35mm、50mm、広角のレンズがあって、山登り用に便利ズームがあったらそれが最適かなと。
ただし、PEN-Fは捨てきれないと思いつつも、防塵防滴ではないということを考えるとX-Pro2一択かなと。そうなるとProレンズの12-100も売却し、X-Pro2とレンズ群を購入するという形が理想的だと思う。
レンジファインダーというのも魅力的だ。
妻のものではあるが、我が家にはCONTAX G2がある。
妻が以前中古で購入したものだ。
何年も使っていないので今でも動くのかどうかはわかっていない。

しかし、私も何度もフィルム撮影をし、Zeissのレンズの美しさも写ルンですではなく美しいレンズは気に入っていたし、小型カメラ(機種はわかりませんw)を使っていた父の影響もあり、カメラといえばレンジファインダーのようなカメラが私にとってのいわゆるカメラなのである。

 

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-Pro2 ボディ X-Pro2

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-Pro2 ボディ X-Pro2

 

 

なんとなく機能はもちろんだが、見た目も含めて凄く気に入った。
何より、グラファイトエディションというモデルに惹かれた。

f:id:hato36:20181027001707j:plain

出典:FUJIFILM X-Pro2 : 製品の特長 | 富士フイルム

何という美しさなのだろうか。
黒い革張りの上の怪しいまでに輝くグラファイトカラー。
ノーマルなブラックも美しいボディーだと思うし、カメラとしても非常に格好良いと思う。シルバーだけはどうも馴染めない。
自宅にあった古いフィルムカメラは銀色だったが、どうも私は軍幹部が銀色のカメラは馴染めないらしい。

 

まぁまだ決定ではないが、X-Pro2で新品なのか中古なのかや他に対抗って何があるのか?といったあたりについて調べていき、最終的なカメラを選択したいと思う。

いつもよりは時間もあるし、レンズについてもいつも以上にラインナップを決める必要があると思っている。

何れにしても仕事が忙しくて時間はないのだがワクワクが止まらない!

 

FUJIFILM 単焦点広角レンズ XF23mmF1.4R

FUJIFILM 単焦点広角レンズ XF23mmF1.4R

 
FUJIFILM 単焦点標準レンズ XF35mmF1.4 R
 
FUJIFILM 単焦点超広角レンズ XF14mmF2.8 R

FUJIFILM 単焦点超広角レンズ XF14mmF2.8 R

 

 

山登り用にはこんな便利ズームもいいね。

超広角のズームレンズもあるんだよね。

FUJIFILM 超広角ズームレンズ XF10-24mmF4 R OIS
 

RX10m4と位置付けが被っちゃうけどAPS-Cセンサーで600mmまで取れちゃうこんなズームまで。。。(涎

私がX-Pro2を考える理由はボディの性能や見た目ではない、この私が欲しいと考えるレンズラインナップとAPS-Cのお陰かコストが抑えられているところなんですよね。
いやー。楽しい。