鳩ブログ

40代のサラリーマンが綴るブログ

日経ビジネス 電子版が3月末まで無料なのだ!

f:id:hato36:20190217213815p:plain

日経ビジネスが3月末まで無料で読めるということで早速申し込んだ。
日経IDは取得済みなので簡単な手続きで済む。
記事は面白いしすでにお気に入りで、最近起動したアプリには日経ビネスアプリと紙面ビューアーが常に2枠を陣取っている。

日経新聞デジタルはなんども考えたが、仕事が忙しくなると朝の電車の中は寝ていることが多いし、それこそ帰りも寝ていることが多い。
起きていることももちろんあるが、そのために数千円を毎月支払うのはちょっと勿体無いような気がしてなかなか始められないでいたのだ。

しかし、日経ビジネスはそもそも週刊誌なので、年間50冊でありながらもその時期その時期のタイムリーな記事かつ日経らしい記事なので、とても読みやすいしビジネスにも役に立つ。新聞の場合は毎日読めないと勿体無いが日経ビジネスならば週末にその週の記事をまとめて読むこともできる。

この点が忙しい私にも非常にフィットしつつ、ビジネスの話題にも鈍感にならないので良いなと。実際無料期間中の今もiPhoneiPadを使って双方の良いところを生かしつつ読んでいるが、iPad側の使い勝手がいまいちなのでむしろiPhoneで読むことの方が多い。iPhoneアプリの使い勝手が良いということは、隙間時間を非常に使いやすい。

喫煙者である私は喫煙時に仕事仲間と会話することももちろんであるが、ちょっとした気分転換としてスマホを開き、サクッと記事を読んだりできるのでそれはそれで都合が良いのだ。

以前日経xTechの有料購読もして見たが、あちらは意外と無料で読める記事もあるし、そもそもテック系の記事は無料で出回っているものも多いのと情報が収集しやすいということもあってやめてしまった。
アプリがなく、使い勝手が悪いというのもやめた理由の一つにある。
その点日経ビジネスビジネス誌としては人気も高くその辺も非常に配慮がされていると感じた。
3月までの無料期間以降も当面は続けていこうと思う。

今回はiPadiPhoneとでアプリの使い勝手について紹介したい。

iPadでの使い勝手

日経ビジネスアプリはそもそも使いづらい。
何って、iPad用に最適化されておらず、iPhoneアプリを拡大して閲覧する形になっているのだ。なので、正直使い勝手は良くない。(これは要改善ポイントだし、改善してくれると期待している)

しかし、iPadは紙面ビューアーを使うには最適である。
画面が大きいのだから当然ではある。

まずは、iPad日経ビジネスアプリを起動したイメージは下記の通りだ。

f:id:hato36:20190217214324j:plain

画面の左右が黒く無駄なスペースになっている時点で残念感は否めない。

f:id:hato36:20190217214829j:plain

実際記事を読むと画面の左右のもったいなさや洗練されていない感じに残念なところはあるが普通に読めるので大きな問題はないが、残念な気持ちだけが残るw

じゃぁ、紙面ビューアーアプリの方はどうなのか?というと、こちらは普通の本を読むアプリと大差がないが、ちょっと変わった機能が付属している。

f:id:hato36:20190217225836j:plain

拡大も縮小もしなくても読めないことはないが、40半ばの私も徐々にこの大きさの文字が厳しくなってきている(涙

f:id:hato36:20190217225803j:plain

いわゆる雑誌のアプリと同じように、ピンチアウトで拡大することは出来るのだが、そうした時に文字が滲むのが私としては許せないのだ。
iPhoneアプリとして美しくないのだ。
Kindleなどで雑誌を読んでいてもこれは常に思っていること。読めないことはないし、じっさいそれで読んでいるのだがどうも納得がいかないが、正直これも理由はわかっている。言ってみればページ内容を画像として保管してそれを公開しているので、文字は文字データ(フォント)ではなく画像なのだ。

私はIT系の仕事を生業としてきたので、こんなことは言われなくてもわかっていることだが、そもそもこれが許せないのだ。
なぜって今時は原稿だってすでにデジタルになっているはずだ。なのにそのデジタルデータを使わずに画像を使っている...なんでこんな無駄なことになっているのか...と。

しかし、ここが他のアプリと違って日経ビジネス 紙面ビューアーはこの点が改善されている。

f:id:hato36:20190217225735j:plain

こんな感じで、紙面の読みたい部分をタップすると、小窓が開いてきて大きな文字でニュースが読めるのだ!(もちろんこれはデジタルデータなのでこの小窓の大きさを変更すると表示される文字の数が変わる!)

これは素晴らしい!
ちなみにこれはiPhoneでも使えるのでiPhoneでも紙面ビューアーは使えるのだ。
ちょっと文字が読みづらいと感じることはあるが、それでもこれまでのアプリと違って確実に使い勝手が良い。

こんなアプリに毎週新しい号が登録されて、新しい記事が読めるとなると、月額 2,500円は決して高くないと思っている。
小説2、3冊も買ったら2,500円なんてすぐに言ってしまうし、月に換算したら2、3冊では全然足りず、4冊は最低でも必要。
そっから考えると小説のような楽しさはないけれど、ビジネス上の会話のネタにもなる日経ビジネスはお得であると感じた。

以前有料契約をしていた日経xTech(クロステック)もアプリが用意されて、関連雑誌のビューアーが用意されたらおそらくそちらも継続して有料契約していたと思う。
しかし、日経xTechはウェブのみの閲覧で使い勝手がいまいちだ。この点が改善されたらもう少し契約数も伸びるのではないかと私は思っている。

記事が悪いわけではないので是非アプリの用意をしてもらいたい。
その上で、日経ビジネスと日経xTechのダブル契約だと安価に提供されるのであれば、そのプランに是非乗りたい。私はそう思っている。

iPhoneだとポケモンGOGoogle Play musicなどのアプリを使うことも多いが、やはり高価なiPhoneおよびiPad Proを使う以上は自分のためになることにも使いたいと思うのが心情だ。プライベートでもEvernoteなどで情報やメモを蓄積したりということもしているが、プライベートではやはりアウトプットよりもインプットの方が圧倒的に多いので、それをビジネスでも活かせるように出来ると各デバイスを買った意味もあるし、買ったデバイスの価格も決して高くなかったと思えるので、そういう意味でも自分のために活用していきたいと思う。

Apple iPad?Pro (11インチ, Wi-Fi, 256GB) - スペースグレイ

Apple iPad?Pro (11インチ, Wi-Fi, 256GB) - スペースグレイ

 

ちなみにiPhoneも一度はXperia XZ1に一度は浮気したものの、iPhone7に戻してちょっと古いが使い続けている。
現時点ではCPUやメモリを使うアプリはポケモンGOぐらいで、それ以外は読書、音楽鑑賞などがメインで、今回の日経ビジネスも特に問題なく使えている。
iPhone XS MAXなどにすると、画面も大きく日経ビジネスも読みやすいとは思うが、もう半年ぐらいは様子を見て買い替えかなと思っている。