鳩ブログ

40代のサラリーマンが綴るブログ

しょうぶ園で野鳥観察@RX10m4

f:id:hato36:20190323151541j:plain

父のカテーテルが終わった翌日に久しぶりに野鳥を見に行った。
カテーテルは予定通りに進まず別の方法を模索することになったが、そんな私を元気付けてくれるかのように多くの野鳥に出会えた。

全ての写真は毎度のSONY RX10m4である。
相変わらず良い仕事をしてくれる。
最初の写真はジョウビタキのメスなので、ジョビ子さんと命名。(大抵の人はそう呼んでるに違いないw)
ジョビ子さんは優しい色で可愛らしいんだよね。
何度か見ているけれどオスのジョウビタキであるジョビ男くんよりは見る機会がすくないのはなぜだろう?恥ずかしがり屋なのだろうか?

話はカテーテルに戻るが、びっくりしたのだが15時にスタートして終わったのが23時!!こんな時間までそんなことやるとは思ってもみなかった。
当初うまく行っても4時間ぐらいはかかりますって言われてたからある程度覚悟していたけど倍かかってるやんw
父もしんどかったのではないかと思うが、先生方もしんどかった模様。
途中で待っている我々に声をかけてくださったりしたのだが、こちらの方が恐縮するばかりで...しかし、今回カテーテルで詰まっている血管に穴を開けて血液の循環をよくしようと思ったのだが、石灰化が思っていたよりも進んでいたのと広範囲にわたっていたので想定していた処置はできなかった。
その結果、カテーテルは諦めてバイパス手術を提案されて父もそれを納得したが、先生が変わるのとこれまた別の病院に専門の先生がいると言うことで改めて転院することになりそうでちょっと嫌だなとか思っている今日この頃である。

f:id:hato36:20190323151835j:plain

さてさてまた野鳥に話を戻そう。
先のジョビ子さんの近くにはつぐみさんもいらっしゃった。
まぁよく見るしあまり珍しさはないのだけど、じっくり見ると可愛いものです。
そう言う意味ではスズメの観察が一番楽しいかな。

hato36.hatenablog.com

f:id:hato36:20190323152024j:plain

木蓮もすっかり花が開いていて、翌日に同じ場所で同じ木蓮を見たらすでに茶色く枯れ始めておりました...儚い。こんなに白くて綺麗なのに。
儚いからこそ綺麗だと思う...そんなこともあるのかな。
それにしてもソフトクリームのような干したてのお布団のような...美しい白である。

f:id:hato36:20190323152430j:plain

山の合間にあるせいで気温も上がらないからか、桜の蕾も街中よりもちょっと固めですが、ちらほら花が開いている蕾もあったのだが、これまた短い期間しか咲かない桜だからは儚く美しい。

f:id:hato36:20190323152709j:plain

こちらのラッパスイセンは天気がイマイチでも太陽のように明るく咲いていた。
しかしラッパスイセンってそのままだよねw

f:id:hato36:20190323153315j:plain

こちらがジョビ男くん。
ロマンスグレーが輝いとる!
流石にヤマガラとジョビ男くんは結構見るので慌てて撮影することは無くなった。
とは言え近づくことができないので、600mmでこの大きさが精一杯なわけだけど。

f:id:hato36:20190323153822j:plain

そして何度見ても見れたら嬉しいのがKWSM(カワセミ)!
この日は結構近場に止まってくれたので600mmでこのサイズ。

f:id:hato36:20190323153930j:plain

背中の部分ブルーがいつもより鮮やかに見えます。
時期的なものなのだろうか?冬場に見ていたカワセミはもっと地味カラーだったな。
生態は詳しくわかっていないが、このブルーは色素ではないと言う話を以前何かの雑誌で読んだ記憶があるが本当だろうかw
まぁ、可愛ければとりあえずよし!時間のあるときに調べてみようと思う。

何れにしても、ちょっとしかなかった時間の中で出かけていったしょうぶ園。
今シーズンは父のサポートでほとんど野鳥が見れなかったが、この日は數十分とはいえ大満足の結果だった。
午後のひとときに行ったわけだが、いいことあるもんだね〜

ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX10M4

ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX10M4