鳩ブログ

40代のサラリーマンが綴るブログ

カローラが見違えるように格好よくなった!

f:id:hato36:20191005205518p:plain

出典:トヨタ カローラ

カローラ スポーツ(ハッチバック)がトヨタらしくないよいデザインになったというのは以前ここにも書いているが、それをセダンにしても...どうせ締まりの悪いリアスタイルになってくるのではないかと思っていたのだが、そんなことはなくなだらかにリアに流れるデザインとバランス良いボリュームのあるリアデザインとなった。

現在販売されている国産セダンではスバル WRX S4がスタイリッシュで好きだが、それ以外ではカムリが頑張っているかな...(ちょっとゴテゴテしすぎかな?)と思う印象だ。クラウンもスポーティーなルックスに生まれ変わったね。

その昔は同じくスバル インプレッサGC8の頃) WRXとかSRX(NA)が大好きだった。とくにSRXは買う寸前まで来ていたが、副業(当時は珍しいと思うw)でそこそこ稼いでいたものの、結婚してまもなくで厳しかったので諦めた経緯がある。
シンプルだけど大型のフォグが力強いデザインでありつつ、WRXエアインテークのないシンプルなデザインが好みだった。

その昔のAE111のカローラ GT(セダン)も好きだったっけ。(というと、SRXが好きだったというのはうなづいていただけるのではないかと思う、ちなみにカローラも本気で買おうと考えていたww)
いずれもシンプルかつスマートなセダンでスポーティーなところが好きだった。

 

最近は安全性などの絡みもあってかボディにボリュームがあってスマートさのかけるデザインとなっているが、ボディーサイズが大きくなってきたこともあって、再び私の好きなバランスになりつつある。
最近でもセダンはまめにチェックしていて、同じカテゴリーだとスバル インプレッサ G4やMAZDA3 セダン、ホンダ シビック セダンなんかが同じぐらいのボディーサイズになるだろうか。

さてさて、話はカローラに戻すが、もともとこのカローラハッチバックのスポーツが先行して販売されていたが、今回セダンボディとワゴンボディ(ツーリング)がようやくラインナップされた。

当初ハッチバックは格好良くなったなと思ったが、ここ数世代のカローラは先ほどの安全性などの理由で散々な見た目で、営業車としても買う人は減ったのではないだろうか。しかし、ここで生まれ変わって受け入れられると思うが、それは営業車としてではなくパーソナルユースの話。なので今までのように大量に売れるという感じではなく、セダンが欲しいパーソナルユースに受け入れられると予想する。

個人的にガチンコになるのはWRX S4でもなければ、シビックでもなく、おそらくはMAZDA3 セダンになる。(シビックは売れていないし、インプレッサ G4はそこまで売れない)

MAZDA3は新しいディーゼルも搭載されるモデルがあるし、そもそもMAZDAは完全に市場に受け入れられる車を作れるようになってきた。
むしろそこに生まれ変わったカローラセダンが勝負をしに行くという感じだな。
NAでスポーティーな車でMT車が欲しかった人はきっとアテンザ以降ずっと待っていたのではないだろうか?(カムリはHybridだしドレスアップ車に近いので)

カローラのスペックとかは、もうホームページを見てくださいw

私はトヨタ車を買ったことがないが、トヨタが好きな人は一定数いるはずで、団塊ジュニア世代もそろそろ家族全員で車に乗る機会が少なくなってきているのではないだろうか?そうなるとワンボックスは必要なくなるし、そもそも団塊ジュニア世代は今の若い子たちと違って車はステータスだし必須アイテムだろう。
そんな中には、若かりし頃にスポーツカーに乗っていた人も多くいるはずだ。

新しいカローラセダンもツーリング(ステーションワゴン)も良いデザインで、カローラという名前を毛嫌いする人(ここ数世代のイメージが悪すぎる)でもない限りは買ってもらえると思うが、団塊ジュニア世代はまだまだ根性があって仕事もバリバリしているだろうから、そんな人たちにもう少しスパルタンなカローラを...いやカローラGTを改めて販売してもらえないだろうか?

AE111のカローラGT以降はトヨタに対して興味がなく、良いエンジンがあるのかわからないが、軽量でパワーに頼らない(よって燃費も良いw)高回転の気持ちの良いエンジンを搭載したカローラをぜひラインナップしてもらいたい。
トヨタのみならずそんな国産車をもう一度!ぜひ!

 

私は輸入車に乗っているが、再び良いデザインの国産車が出てきてくれることを期待している。決して輸入車しか買わないと決めているわけではない。
再びよい国産車をぜひ!