鳩ブログ

40代のサラリーマンが綴るブログ

VW GOLF ヴァリアント(7.5に1000kmほど乗った)

f:id:hato36:20200301221957j:plain

先日GOLF Alltrack(オールトラック)がめでたく無事に3年を迎えて車検だった際に、GOLF ヴァリアントをお借りした。
私のオールトラックはGOLF7だが、お借りしたヴァリアントは7.5でもちろんオールトラックとはエンジンも違えばAWDとFFという違いもあるので、感じた点をお伝えしようと思う。

1枚目の画像があえての右後ろからの写真なのだが、これは私がヴァリアントを見ていて一番美しいと思ったのでこの写真を一枚目として選んでいる。
しかし、こんな私ももともとゴルフワゴン(当時はゴルフ3とかゴルフ4の時代)が嫌いだった。いや、むしろハッチバックのゴルフ3やゴルフ4が好きすぎて、ワゴンのバランスに納得がいかなかったのだ。

しかし、ゴルフ5になってボディーの厚みにボリュームが出てからは、ワゴンのバランスも嫌いではなくなってきた。いや、実際は年齢なりにデザインの好みが変わってきたからかもしれない。

f:id:hato36:20200301224421j:plain

しかし、ゴルフ7になってボディーの幅も広がってきたこともあってか、ゴルフ7 ヴァリアントはなかなかのデザインのステーションワゴンとなった。しかし、私はスッキリしすぎのデザインはやっぱりハッチバック向きだと感じており、それであるがゆえにオールトラックにしたと言う経緯もあって、やっぱりちょっとスッキリしすぎであると感じる。ただ、そう言う概念抜きにするとメッキ使いと凹凸のあるボディーデザインもあってスッキリしたワゴンとしてはとても良いと思う。
ボディーが綺麗であれば、上の写真のように黒のボディーに映り込む色々なもののおかげで素敵にみえる。(妻には黒は似合わないと言われたがw)

好みは人によって違うのでデザインについてはこれぐらいにしておこう。
ちなみに私は上記の通り好きではないと言う一面もあったが、今回一週間お借りして数日乗っただけであるが、今までのあまり好きではない...という印象はだいぶ変わった。
ま、7.5のヴァリアントはフロントバンパーがオールトラックのものとカラーリングこそ違えど同形状になったことが大きな要因であると思うが、この車の持つ根本的なデザインの良さがあってのことがあると思う。

f:id:hato36:20200301225526p:plain

さてさて、次は内装についてだが、一番はやはりフルデジタルメータークラスターが一番印象として大きくて、そしてこの車の便利さを際立たせるものであった。

デジタルメータークラスター“Active Info Display” 

これは乗った人でないと良さを感じることは難しい。
まず、メーター内に表示できる情報量が多く、その中でもスピードがメーターを見るだけでなく数字として表示することができるということが、これほど便利なものかと初めて感じた。国産車でも車速を画面中央に数字で表示するなんてことが当たり前だと思うが、私はそう言う車に一度も乗ってなかったので初めてだったのだが、スピード違反を意識する上で非常に便利だ。
ゴールド免許保持者の私が特にスピードを気にしているからかもしれないが、車速には敏感なので特に便利と感じている。

また、方向音痴の私はナビを見ても道がよくわからないという残念な人間なのだが、妻が地図を見れる人間で、ナビは北が上というルールを変更してくれないw
方向音痴の人間は自分が向いている方が上を向いていて欲しいものだwww

そんな私要望を叶えてくれるのが、メーター内のナビ表示だ!!!
このナビ表示はDiscover Proとはことなり、自分の向いている方を上にしてナビ表示ができる。これが方向音痴の私にはすこぶる便利なのだ。
新しい道をそれほど走ることはなかったわけだが、ナビの見え方としては視線移動もすくなくとても見やすかった。

私がゴルフ オールトラックを買い換えるのは10年ぐらい先になる予定だが、その時は...もっと新しい何かに変わっているかwwww
しかし、本当に便利な機能なのでゴルフが気になっている人はぜひお試しいただくことをオススメする。

正直私は感動した。

あと、シートでいうと、座面が少し長くなったように思う。
私は比較的足が長めのスタイルなので、結構楽に感じた。
シートはゴルフ7のオールトラックよりも座面がなくなっている分良いと感じた。(少なくとも私の身長174cmでは)

 

気になるエンジンの方は、私のオールトラックは1.8TSIで一世代前のPOLO GTIと同じエンジンなのだ。それに対して、1.4TSIエンジンについてだが、正直言って使いやすいエンジンだと感じた。
私がGOLF5 GT TSIの時の1.4TSIエンジンはスーパーチャージャーとターボのツインチャージャーだったのだが、その後の1.4TSIエンジンはターボのみとなっている。
しかし、トルクも上がっているので低速で不足を感じることはないし、日常の速度域ではヴァリアントのボディー重量があっても不足を感じることはまずない。
結構な登坂路も走ったのだが、2名乗車でパワー不足だと感じるシチュエーションはなかった。それどころか、1.8TSIよりは非力な分だけアクセルを踏み込んで低いギアで引っ張る楽しみを得られた。
正直GOLF Rのヴァリアントがよかったなとか勝手なことを感じていたが全然楽しい良い車だった。GOLF8が見えているので時期にGOLF7.5は代替わりをするわけだが、見た目が気に入っている人ならば今のうちに手に入れた方がいいと思う。

評論家ではないので他の多くの車に試乗したことがあるわけではないが、見た目が好きな人で、そこそこのスポーティーさと上品さ、、、燃費も悪くない(私は街乗りのみで14km程度だった)ときたら、長く乗っても安心できる堅実な選択だと思う。
実際私もGOLF5は約10年乗ったし、GOLF7 Alltrackも同じかそれ以上乗りたいと思っている。これはmaciPhoneを買うのに近いと思っていて、同じWindowsAndroidを買うよりも所有欲が満たされるという点において輸入車というのも同じ感覚だと思う。
実際私は10年近く欲しいと思っていたインプレッサ WRXを4年で手放したw
上には上があるし、メルセデスジャガーを買えばいいというわけではないし、誰でも買えるわけでもない。そんなところにすっぽりとハマるのがゴルフという車だと思う。 

ハイパーレブ Vol.181 VWゴルフ

ハイパーレブ Vol.181 VWゴルフ