読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳩ブログ

40代のサラリーマンが綴るブログ

トレッキング:乗鞍岳 2016年09月27日

トレッキング

f:id:hato36:20160927090033j:plain

遅い夏休みを利用して、久しぶりのトレッキングに行って来ました。

前回は4月だったかな?山梨県は山中湖の脇にある石割山です。

今回は乗鞍岳です。

そもそも仕事が忙しかったこともあり遠出は避けていましたが、Fitbitでウォーキーングやランニングをするようになったので、運動不足ということは全くありませんが、トレッキング自体は久しぶりなので準備にも時間がかかりましたが、この週は休みだったので、準備をした上で当日に臨みました。

 

準備までは良かったが...

紅葉が始まっているという情報を元に行ったので、平日とはいえ混雑している可能性も踏まえ、2時過ぎに起きる予定としていたため、前日は早起きしてさらに妻とウォーキングに出かけて早寝ができるように心がけました。

しかし!9時過ぎに布団に入り、寝ながらGalaxy Note 3で電子書籍の「キングダム」を読んでしまったら、興奮して寝れなくなりおそらく寝たのは0時過ぎ...
結果的に睡眠時間2時間で出発することになりました。

 

しかし、乗鞍までのルートは良かった!

三浦半島を出るには横浜横須賀道路(通称:ヨコヨコ)を北上し、さらに保土ヶ谷バイパスを北上し東名高速に乗りました。

そして、厚木JCから圏央道に乗り、八王子JC経由で中央自動車道に乗りました。
そこから松本に向かい、乗鞍行きのバスに乗るためにほおのき平の駐車場へ。
なんと、到着は7時半前だったので、途中休憩を除くと約4時間で到着。
初めてこのルートで中央自動車道に乗りましたが、早いですね〜
圏央道が素晴らしい!
平日だからというのはもちろんありますが、それでも4時間で着くなんて素晴らしい。
今まで国道16号を使って八王子ICを目指していましたが、もうこの快適さには戻れません。今後も圏央道を使わせてもらおうと思います。

 

バス乗り場から畳平までは意外と苦痛(乗鞍スカイライン

バスはくねくね道を走るので結構苦痛です。(帰りのバスに乗ってわかりましたが、ドライバーにもよります)
行きは素敵なお姉さんドライバーでしたが、意外と運転は雑で結構揺れました。

f:id:hato36:20160927093609j:plain

そして、ひょっとしてと思っていましたが、やはり乗鞍スカイライン側はあまり紅葉しておらず、むしろ葉が枯れているという感じでした。
しかし、トレッキング中に乗鞍エコーライン側を見た感じですと、こちらは綺麗に紅葉している感じでした。のんびり紅葉だけ見るのであれば乗鞍エコーラインを歩くというのも良さそうです。あまり長い距離を避けたい方は、畳平まで車で行き、そこから歩いて降ってくるというのもありです。ウォーキング好きな方ならむしろ乗鞍岳を目指すよりその方が良いかもしれません。

 

好天に恵まれた!

f:id:hato36:20160927090709j:plain

鶴ヶ池の先に槍ヶ岳が見えました!(自信ないけどw多分合ってる)
天気はバッチリでした。
基本的に私のトレッキングは直前まで予定を決めないという方針で、天気のいいところに行くという感じで決めています。ですので、基本的には雨降りのトレッキングはありません。(FoxFireの立派なレインウェアは持っていますが、寒い時しか着たことありませんw)
山の上で何かあった場合に、自分で対処できないことも出てくるでしょう。
そうなると迷惑がかかりますし、そもそも思い出には残るでしょうが、楽しいとは思えないと思いますし、何より写真が撮れなくなります。
もちろん滑るとか体温が奪われて具合が悪くなるなんて楽しいわけないですもんね。

 

撮影機材

撮影機材は天気がいいことを予想して、α7とCarlZeiss Biogon 35mm F2の一本勝負です。(天気が悪いことを想定して、OM-D E-M5も実は持ってましたけど)
普段トレッキングの時は、色々なものを撮りたくなるので、α7用の唯一のズームレンズであるSEL2470Zをセットすることが多いのですが、お気に入りのZeiss Biogon 35mm F2の一本勝負だったら自分がどんな撮影をするのか?を試して見たかったので敢えてズームは持って行きませんでした。(OM-Dと同様に車には積んでたけどw)
本来山歩きならOM-Dの方が防塵防滴で望ましいのでしょうけれどね〜。山歩き目的でカメラを買うならOM-Dの14-150mmレンズ付きのセットがオススメです。実質28mm〜300mmなのでかなり広範囲に撮影できます。

SONY 標準ズームレンズ Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS フルサイズ対応

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 MarkII 14-150mm IIレンズキットブラック E-M5 MarkII 14-150mm IILK BLK E-M5MarkII1415IILKBK

 

トレッキング時のカメラの持ち歩きの時は、首掛けのストラップを使うこともありますが、大抵はハンドストラップのみで持ち歩きます。これも軽量なα7だからできることです。EOS 60Dの時は首かけもきつかったのでザックに固定したバッグに入れて持ち歩いていました。

f:id:hato36:20161001163822p:plain

それがこれです。
パーゴワークスのカメラ用バッグです。
もちろんα7でも使えます。これはこれでメリットがあって、汗っかきのカメラマンはカメラが汗で濡れることが多いと思います。でもこのバッグに入れておけば、濡れるのはバッグだけなので安心してカメラを持ち歩けます。必要な時にサクッとカバンから出して撮影し、再びバッグに入れればいいので、ザックの中にカメラを入れるような手間がないので便利です。

f:id:hato36:20161001164439p:plain

強いて問題点をあげるとするならば、このカメラバッグを装着するとザックの上げ下ろしが面倒です。ザックの腰ベルトと同じ仕組みで簡単に外す機構は付いていますが、何も付いていないのとは訳が違いますし、入っているものが大切なカメラであればなおのこと気を使うと思います。ただ、レインカバーも標準で装備していたりして、かなり安心して持ち歩ける良いバッグです。カメラはコンパクトカメラだとしても、他のものを入れて使うこともできるので、小さめのザックの人は便利かと思います。私はカメラと財布と車の鍵はこのバッグに入れておくことが多いです。

(パーゴワークス)PaaGoWORKS フォーカス ブラック CB03

(パーゴワークス)PaaGoWORKS スイング M グレー SW02GR

(パーゴワークス)PaaGoWORKS スイング L グレー SW01GR

 

天気は良くても寒かった

ほおのき平はそれほど寒くはなかったのですが、畳平まできたら風が強く寒かったです。体感で10度ちょっとぐらいでしょうか?
風がかなり強かったのでその影響です。風裏に入るような場所ではむしろ暖かかったですから。

f:id:hato36:20160927091301j:plain

でも、だからこその紅葉ですね。エコーライン側はかなり紅葉が進んでいるようでした。

f:id:hato36:20160927093112j:plain

見る方角によってはかなりの紅葉。近くまで行ってないので綺麗に紅葉しているのかかれているのかはわかりませんが、遠目には美しい紅葉でした。
風があって寒かったのですが、風があったおかげで遠くの山々まで綺麗に見えますね。

遠景でも、Biogon 35mm F2は綺麗に撮れます。お気に入り度は今まで以上に上昇。

 

とはいえ登山コース内でも紅葉は感じられた

f:id:hato36:20160927100407j:plain

f:id:hato36:20160927100433j:plain

登山コースでも紅葉を感じることはできます。
こういう寄った撮影ができるのは、VM-E Close Focus Adapterのおかげです。
Biogon 35mmはオススメですが、このアダプターを使わないと意味は薄れると思うぐらい便利です。α7でMマウントを使うなら絶対にこのアダプタです。

VoightLander VM-E Close Focus Adapter 631908

f:id:hato36:20160927100850j:plain

剣ヶ峰方面から乗鞍観測所や畳平方面も綺麗に見えましたが、風が強かったので雲で隠れたりもしていました。

f:id:hato36:20160927105648j:plain

頂上にいた時間(15分ぐらい)も、タイミングによってはこのように雲の中だったり、青空が見えたりという感じでした。

 

この時期は花は終わっていますが、よーく探すと...

f:id:hato36:20160927122122j:plain

リンドウが咲いていました。他にも何輪かは咲いていました。
しかし、すでに枯れているものも多く、やっぱり秋は花ではなく紅葉ですね。

 

私には別の楽しみもある!

私のトレッキング時の楽しみは以下の通り。

  • 歩く(運動をする)
  • 起伏のあるコース自体
  • 花、紅葉、風景の鑑賞と撮影
  • 食事

これはおそらく山歩きをする方全てに言えることだと思います。
最近ですと、食事にかなり凝った料理をする方が多いようですね。友達と登る方の場合は特にその傾向が高いようです。
私の場合は妻以外の人との登山はないので、食事にはあまり凝りません。
とはいえ、必ずセブンイレブンで「とり五目」のおにぎりを買っていきます。
美味しいのはもちろんですが、普通のおにぎりと違って、直巻きなのでゴミは袋だけです。これが良い所です。他の種類もありますが、一番美味しかったのはとり五目です。山登りでなくても美味しいのでぜひ。

話が逸れましたが、私は「盆栽」も好きです。

盆栽 カテゴリーの記事一覧 - 鳩ブログ

山も高いところまで登って行くと、ハイマツやコトネアスターが見られます。
どちらも盆栽となるので、まるで盆栽を眺めているようで楽しいのです。

f:id:hato36:20161001180443p:plain

盆栽をやっていなかったら、絶対名前も調べようとしなかったであろうコトネアスターはこちら。私が最初に買った盆栽もコトネアスターなのです。
盆栽を持っていたので、妻と「あれ?うちのコトネさん(盆栽をそう呼んでるw)に葉っぱが似てるし、秋には赤い実がなると聞いていたけどまさか同じじゃ??」ということになり、自宅に帰ってきてから調べたらやっぱりコトネアスターでした。
盆栽って調べると山野草という単語が一緒によく出てくるのですが、そもそも木は山にあってその一部を育てるのが盆栽なわけですからそりゃ山に行けば見れるわなと変に感心したりして。

今まで以上に盆栽展、山野草展を見に行って色々な木や花を覚えようと改めて思いました。

色で見わけ五感で楽しむ野草図鑑

f:id:hato36:20160927121005j:plain

真柏のジン・シャリはどうして白いのか。 | SEKAI BONSAI

盆栽には、「ジン」「シャリ」というテクニック?があります。それについては、上記リンクをご覧いただけますとわかりやすく解説されております。
上記の写真は完全に枯れているので、正確には「シャリ」とは違うのですが、真緑のハイマツの中に真っ白な枯れ木の美しいこと。枯れているので美しいというのは失礼かもしれませんが、私は山のこのごく一部の風景がすごく好きです。風に当たって不思議な形をしていて、さらにそのごく一部だけ白く枯れている。これが大好きなのです。

盆栽を見るように形のいいものを見つけるとワクワクします。今回は望遠寄りのズームレンズを持って行かなかったのでいい写真はそれほどないのですが、上記写真は私のイメージする「緑の中の白」を表した美しい風景で、今回の乗鞍岳トレッキングで撮影した写真の中でベストな一枚デス!!

 

乗鞍岳で残念だったこと

乗鞍岳はバスで畳平まで行けて、その先もそれほど苦労せずに登頂できる山です。
もちろん多少の装備はあった方が良いとは思いますが、普段着と運動靴で登っている方も多数います。ですので、知識というか山のマナーを知らない人が多いと思いますが、気持ちよく登るためにもある程度のマナーは伝える努力をしてもいいのかなと思います。今回特に思ったのは以下のこと。

  • 登り・下り で歩みが遅いがために後ろに列ができているが、先に行かせることをしない
  • 登りを優先しないで強引にすれ違って歩く

おかげで行列が出来てしまっていたり、危険な状態で歩くことになっていて、自分は関係ないシチュエーションでも不快ですね。この点は飛騨乗鞍観光協会の方からちゃんと伝えてあげて欲しいです。マナーなんて知らないからすれ違いでぶつかって転びました...怪我をしました...では楽しいトレッキングも台無しです。大抵の人はバスで畳平まで行くわけですから、バスの中で登る方に対してマナーをTVで流すとか考えてもいいのではないでしょうか?

少なくとも私は乗鞍岳にもう一度登ろうという気持ちにはなりませんでした。
せっかく美しい風景ですが、正直台無しだなと。

山と高原地図 乗鞍高原 2016 (登山地図 | マップル)

山と高原地図 乗鞍高原 2016 (登山地図 | マップル)